クリーンエネルギーシステム一覧

電磁鋼板

電磁鋼板の材質は、磁気特性に悪影響のある不純物(炭素、窒素、硫黄など)が極限まで低減され、ケイ素を加え、磁気的な性質を改良した鋼板で、磁力線を通し易い特性を持つ。渦電流発熱損失を減少させるため、薄板に絶縁コーティングを施し積層して使用される...

記事を読む

モーター用永久磁石

モーター用永久磁石 モーター用永久磁石には汎用のフェライト系磁石と高価なネオジム強力磁石がある。  電動車の駆動モーターの形式は、永久磁石式同期モーターの埋め込み磁石形(IPM)と呼ばれる交流モーターの採用が多い。永久磁石とコイルが直流モ...

記事を読む

駆動モーター(電気自動車/ハイブリッド/燃料電池)

駆動モーター(電気自動車/ハイブリッド/燃料電池) 電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池車において動力を発生さっせる、またバッテリーに蓄電するためのモーター。 1モーター式ではディファレンシャルギアが必要になる。2モーター式ではディファレ...

記事を読む

電動ドライブトレインシステムとは

電動ドライブトレインシステムとは 電気自動車EV、ハイブリッド車HV、燃料電池車FCVにおける駆動システム。発電機の役割もあり、減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換して、バッテリーに充電する。 駆動装置の基本配列はいろいろある。1...

記事を読む

燃料電池システム部品

記事を読む

高圧水素タンク

構成:高圧水素タンク、高圧水素タンクバルブ ■高圧水素タンク 70~90MPaの超高圧で水素を貯蔵する。 FCVの燃料である水素は原子径が小さく、金属材料では透過したり、金属を劣化させたりする可能性がある。そのため、高圧水素タンクは金属で...

記事を読む

燃料電池部品

燃料電池セル用ガスケット 燃料電池セル用ガスケットは、セパレーターと呼ばれる流路形成部材の間に配置されるゴムシール。燃料電池内で水素と酸素の流路を保ち、生成された水の排水性を高める。 多数枚使用されるため、ゴム材料は自己接着性が要求される...

記事を読む

燃料電池電極

燃料電池電極 燃料電池の正極板と負極板に用いられる導体。 電極は触媒層と外側のガス拡散層の2層で構成され、触媒層は5nm(0.005μm)の白金ナノ微粒子で構成される。触媒層を支持するガス拡散層はカーボンペーパー製で、気体透過性があり、触...

記事を読む

燃料電池触媒

燃料電池触媒 触媒とは化学反応において、触媒自身は変化しないが、反応速度を変化させる物質。燃料電池では正極板と負極板に用いられる。燃料電池セルは正極板と負極板がイオン交換膜である電解質膜をはさむ5層構造でMEA(Membrane Elect...

記事を読む

燃料電池セパレーター

燃料電池セパレーター 各セルの間に挟んで,燃料ガスや空気を遮断する役割を果たす板状の部品。各セルをシールするとともに、流路を形成し、水素や空気を送り込む。 セパレーターにはカーボン製とステンレス製がある。カーボンは軽さ,ステンレス製は薄さ...

記事を読む

燃料電池電解質膜

燃料電池電解質膜 燃料電池において電極間に用いられる膜。 水素はこの間を通る際にイオン交換を行う。作動温度は80℃~100℃と低い。燃料電池車の「固体高分子形燃料電池」で用いられる電解質膜は、主にフッ素系電解質膜が広く利用されている。しか...

記事を読む

燃料電池

燃料電池 水に電気を通すと水素と酸素の泡が出てくるのは「水の電気分解」。燃料電池の仕組みはその逆で、「水素」と空気中の「酸素」を反応させて電気を起こす。自動車で使用されるのは、「固体高分子形燃料電池(PEFC:Polymer Electro...

記事を読む

燃料電池スタック部品

  サイズ 300㎜~500㎜ 構成(スタックモジュール) 燃料電池スタック、水素ポンプ、ウォータ―ポンプ、エアコンコンプレッサー、FC昇圧コンバーター 構成(燃料電池スタック) セル、スタックケース(水素供給口、空気供給口、排水口、冷却水...

記事を読む

燃料電池スタック

燃料電池のパッケージ。1枚のセルの出力は0.7Vと小さいので、セルは300枚程度使用される。このセルとガスケット、セパレーターを重ねて一つのパッケージにしたものを燃料電池スタックと呼ぶ。通常、小分けにした燃料電池スタック数個を連結して筐体...

記事を読む

燃料電池システムとは

燃料電池システムとは 水に電気を通すと水素と酸素の泡が出てくるのは「水の電気分解」。燃料電池の仕組みはその逆で、「水素」と空気中の「酸素」を反応させて電気を起こす画期的な発電システム。エネルギー効率に優れ、有害物質を排出しないことから、地球...

記事を読む