ローターASSY

駆動モーター内部の回転ユニット。多く採用される永久磁石式同期モーターは、直流モーターと逆の構成で、回転するローターに永久磁石を用いる。

回転体のローターコアには厚さ0.2~0.5㎜の電磁鋼板が、カシメまたは接着で積層され、各鋼板の表面には厚さ1~2μmの絶縁被膜が形成されている。

ローターコアは磁石埋め込みのためのスリットが刻まれている。スリットに埋め込まれる磁石は小型化のため、高価なネオジム強力磁石が使用される。磁石の配置はモーター性能を左右するが、同時に高価なネオジム強力磁石の減量も求められる。

構成:ローターコア(電磁鋼板積層)、ネオジム磁石、モーターシャフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする