燃料タンク部品

燃料キャップ

燃料を封入し外部へ漏らさないようにするためのキャップ。

給油のための開閉できる構造となっており、また減った燃料分の体積の空気を取り入れる弁が設定されている。課題は給油時における静電気に起因する引火事故の防止で、導電性の材料が使用される。

形状は、取り付け忘れ防止で車体から紐でつながっているものや、盗難防止のために錠の付いた燃料キャップもある。

サイズ

50㎜~100mm

構成

キャップ、リリーフ弁

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする