燃料電池スタック冷却ホース

燃料電池スタックとラジエーターとの循環に使用される。入口、出口、各2組使用される。
燃料電池の冷却システムの配管部品等から溶出した金属イオンやフッ素イオンなどは、燃料電池の性能低下を招く。そのため、冷却回路にはイオン交換器が設置されるが、回路部品からはできるだけイオンを溶出させないことが求められる。
FCスタック冷却ホースの材質は、は発電効率のよいとされる70~80℃の温度を保持しつつ、長期間使用してもゴムからイオン溶出量が少ない(導電度が上がらない)特殊配合になっている。
ホース構造は1気圧程度の液圧が掛かるため、中間に強化層のある編糸入りゴムホースが使用される。また形状は、狭い場所に配置されるため、直線ホースは配管しずらく、あらかじめ曲げ加工が施された専用品が使用されることが多い。

サイズ:300㎜~500㎜
材質:イオン溶出量削減仕様
構造:編糸入り二層ゴムホース
工法:2回押出成形、曲げ加工
配合→ゴム練り→リボン状連続材→2回押出し(内層押出成形→紐組→外層二次押出成形)→裁断→マンドレル(心棒)挿入→加熱炉加硫→ 冷却炉→脱型(マンドレル芯抜き)→裁断→洗浄→検査

電動ウォーターポンプ

ウォーターポンプは、燃料電池スタックの冷却性能に関わる重要部品。 FCスタック用冷却水は、 FCスタック、ラジエーターを循環し温度制御を行う。 電動ウォーターポンプで送水量を変え、FC スタックを発電効率が良い 70°C前後となるように制御...

記事を読む

高圧タンクバルブ

70~90MPaの高圧で貯蔵する高圧水素タンクに取り付けられる逆止弁。充填時や発電中の、水素の出し入れや、タンク内部のガス温度の計測、緊急時に内部のガスを安全に放出する機能を備える。棒状のインタンク構造のソレノイドバルブで、タンク口金内径に...

記事を読む

高圧水素レギュレーター

70~90MPaの高圧タンクに充墳された水素を1MPa程度の適切な圧力に減圧調整する。また、制御圧力が異常となった際にガスを外部に自動で逃がすリリーフ弁が一体になっている。 サイズ:100~150㎜ 構成:ピストンバルブ(減圧弁)、リリー...

記事を読む

高圧水素タンクとは

構成:高圧水素タンク、高圧水素タンクバルブ ■高圧水素タンク 70~90MPaの超高圧で水素を貯蔵する。 FCVの燃料である水素は原子径が小さく、金属材料では透過したり、金属を劣化させたりする可能性がある。そのため、高圧水素タンクは金...

記事を読む

エアーコンプレッサー

超高速回転の遠心式ポンプ。 始動後、絶えず酸素と水素を燃料電池スタック内で反応させるため、エアコンプレッサー はアイドリング時の小流量から加速時の大流量まで、効率よく大気を吸引・圧縮する。 サイズ:200~300㎜ 構成:増速機付き遠心ポ...

記事を読む

イオン交換器

燃料電池の冷却システムの配管部品等から溶出した金属イオンやフッ素イオンなどは、燃料電池の性能低下を招く。イオン交換性のある高分子電解質からなる網目状のフィルター樹脂。樹脂の表面だけでなく内部にも入り込ませイオンを吸着して除去する。 構成:...

記事を読む

冷却水制御バルブ(3方弁)

冷却水制御バルブはFC スタックの下流に設けられる。ラジエーターに流れる冷却水とラジエーターをバイパスする冷却水の比率を変え冷却水を温度制御する。また、電動ウォーターポンプで送水量を変え、FC スタックを発電効率が良い 70°C前後となるよ...

記事を読む

燃料電池スタック冷却システムとは

燃料電池スタックの過熱を防止するための冷却システム。セルを直接冷却しているため、冷却水に電気が流れる。そのため、冷却液を通じて漏電しないよう、導電率を低くする工夫がされた専用のクーラントが設定される。導電率を低くするには、着色剤、苦味剤、防...

記事を読む

ドレインバルブ

立体駐車場などでは、迷惑行為になる強制排水を抑制するための任意スイッチ。 手動の室内スイッチの操作で燃料電池スタックにたまった水を任意で排出できる。 サイズ:100~150㎜ 構成:バルブ、ソレノイド 材料:ステンレスボデイ 工法:熱間鍛...

記事を読む

パージパルブ

スタックから出る水を車外に排出する。運転中やパワースイッチOFF後に自動で作動する。、低温環境下における、生成水の凍結による流路閉塞を防ぎ、確実な始動性を確保する。 サイズ:100~150㎜ 構成:バルブ、ソレノイド

記事を読む

燃料電池排水システムとは

燃料電池は電気エネルギーを作り出すときに水が生成され、エキゾーストパイプから水または水蒸気として排出される。 構成:パージバルブ、ドレインバルブ □パージバルブ スタックから出る水を車外に排出する。運転中やパワースイッチOFF後に自動...

記事を読む

エアーバルブモジュール(調圧、分流、封止)

発電時に供給されるエアを「調圧」「分流」し、発電しないときにエアを「封止」する。 排気排水弁は、高圧水素による脆化や、燃料電池セルスタックから生成される水による 腐食・さびを防ぐ。 サイズ:200~300㎜ 材質:PPS樹脂 工法:ブロー...

記事を読む

カソード圧力制御弁

燃料電池のカソード(空気極)での酸素圧を調整する。 サイズ:150~200㎜ 構成:バタフライバルブ、モーター 材料:本体PPS樹脂、シャフトおよびバルブ材にステンレス鋼 工法:バルブボア撥水コーティング

記事を読む

燃料電池スタック空気供給バルブ とは

エア ーコンプレッサー からスタックへ供給される空気の圧力を制御する。また、生成水の凍結による作動不良を解消する。 写真:左上 (カソード圧力制御弁 ) 構成:カソード圧力制御弁、エアバルブモジュール、エアーコンプレッサー ■カソード...

記事を読む

燃料電池スタック水素供給バルブとは

電子制御ユニットからの電気信号により、レギュレーターで減圧された水素ガスを流量制御し、燃料電池に必要な水素を供給する。未反応な水素を循環させる水素循環ポンプは、燃料電池スタックに一体化されることがある。 構成:水素循環ポンプ、水素インジェ...

記事を読む

水素インジェクター

スタック制御ECUからの指示があると、水素ガスを流量制御し、燃料電池に必要な水素を 燃料電池スタックに供給する。さらに、燃料電池スタックから中圧ラインを遮断する機能 も持ち合わせている。 サイズ:100~150㎜ 構成:圧力調整弁、ソレノ...

記事を読む

水素循環ポンプ

水素は高圧水素タンクから供給される。さらに、発電時、未反応だった水素と発生した水 は、水素循環ポンプにより燃料電池スタックから吸引され、水素は再度燃料電池スタック へ送られ無駄なく使用されると共に、余分な水は外部に排水される。 サイズ:2...

記事を読む

燃料電池スタックケースとは

330枚以上の燃料電池セルと電圧センサー、高電圧配線、冷却回路などが入る。 そのほか、小型化、効率化のため、昇圧DC-DCコンバーター、水素循環ポンプなども一体化されることもある。 スタックケースはスタックケース、プレッシャープレートで構...

記事を読む

水素ディテクタ(水素漏れ検知器)

水素検知器。水素ディテクタは車両に2か所に搭載されている。万一、水素ガス漏れが発生した場合、直ちに検知、警告する。国土交通省は、水素ガスを燃料とする燃料電池車の基準として、水素ガス漏れ検知器の装備を定めている。 サイズ:50~150㎜ 材...

記事を読む