プレス用鋼板材料

熱間圧延鋼板SPHCは1.6㎜~9㎜の厚板、冷間圧延鋼板SPCCは0.8㎜~3.2㎜の薄板が流通している。

SPHCは高温での圧延加工によって、組織は均質な安定した組織になる。加工しやすく量産に適しているが、欠点は酸化膜が生じ、黒錆として表面に表れている。一方、SPCCは冷間圧延工程で加工硬化が生じていることから材料は硬くなっていてやや加工性が落ちるが表面はみがき状態で外観部品に適する。1.6㎜~3.2㎜は両方の設定があるので、用途により選択できる。いずれもさびやすいので表面処理が必要になる。

近年、軽量化のための超ハイテン材が開発されている。SPFC、SPFHなどの590MPa以下ハイテン材は強度アップとプレス加工性が両立されている。超ハイテン材では材料が先に開発されて、加工法は後から考えられている。プレス加工が楽なホットスタンプ用のハイテン材も開発されているが加工時間がかかる。そのため冷間プレス成形のニーズが高い。冷間プレスでは絞り加工はなんとかできても、打ち抜きの金型寿命が持たないため、レーザー高速切断加工などとの組み合わせる場合もある。

◆よく使用される鋼板

    一般材   一般材   ハイテン ハイテン 超ハイテン 超ハイテン バネ材 バネ材
JIS記号   SPCC みがき SPHC 黒皮 SPFC みがき SPFH 黒皮  
ホットスタンプ用
S85CM (旧SK5) SUS304 –
CSP
成分
  C0.15 C0.12 C0.2 マンガンボロン鋼 C0.85 Cr18
Ni8  
引張強度 MPa     270 270 440
590
490 540 590 780
980
1180
1470
1800
2000
930
3/4H  
伸び
% 2.3㎜
  38 29 18 20          
鋼材製造法   冷間 熱間 冷間 熱間 冷間 冷間 冷間 冷間
適用部品例   薄板 厚板 薄板 厚板 ボデイ ボデイ バネ材 バネ材
価格 円/㎏   130 100            
性能 強度
  靭性
  耐食
加工性 絞り X X
  抜き
  切削性
  溶接性
同系列材   SPCD 絞り

SPCE 深絞り
SPHD
絞り

SPHE
深絞り
           
流通する

板厚㎜
 
0.8
1.0
1.2
1.6
2.3
2.8
3.2

1.6
2.3
2.8 3.2 4.5 6.0
9.0  
0.5
0.8
1.0
1.2
1.6
2.0
2.3
1.6 2.3 3.2 4.5   0.8
1.0 1.2 1.4 1.6  
1.2
1.4
0.5
0.8
1.0
1.2
1.6
2.0
2.3
2.6
3.2  
0.01

0.08
0.1
0.15
0.2
0.25
0.3
0.35
0.4
0.5
0.6
0.7
0.8
0.9
1.0
1.2
1.5 2.0

鋳鉄材質

よく使用される材質 材質 ねずみ鋳鉄 片状黒鉛鋳鉄 ダクタイル鋳鉄 球状黒鉛鋳鉄 鋳鋼 FC250 FCD450-10 S45C 成分 C3....

記事を読む

マグネシウムダイカスト材質

マグネシウムダイカストの自動車部品への展開は少ない。これは、エンジン部品へは耐熱性不足で展開が難しく、また、単なる軽量化のための部品は、樹脂の繊維強化技術の進展でマグネシウム合金の採用も劣勢になっていることに起因している。用途としては、高...

記事を読む

マグネシウムダイカスト部品とは

金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよい。 マグネシウム合金の場合はアルミニウム合金より高温高圧で成形するため射出ノズルなどが特殊になる。 サイ...

記事を読む

アルミダイカスト用材質

■アルミダイカスト材質 ダイカスト用のアルミ合金は、通常のアルミ合金鋳物に比べて、鉄、亜鉛、マグネシウムなどの不純物が多く許容されている。ダイカスト後の強度は高く靭性があるが、普通ダイカストは鋳巣があり耐圧品には向かない。 よ...

記事を読む

アルミダイカスト部品とは

普通アルミダイカスト部品 金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよいが、気泡の巻き込みがあるために普通ダイカスト品は熱処理や溶接ができない。また油圧部品...

記事を読む

アルミ鋳造材質

よく使用される材質 材質 AC2B AC4B AC4C AC4D AC8A AC8B AC8C AC9A AC9B 添加材最大配合量 Cu4% Si7...

記事を読む

アルミニウム合金材料

アルミニウムの特長は 軽量(比重2.7 鉄の1/3)高強度(重さあたりの強度が高く鉄の3倍。熱処理で強度が増す)電気伝導性(銅の約6割だが、銅の約1/2の重量で電線ができる)熱伝導性(230W/m·Kで鉄の2.7倍、放熱材やエンジン...

記事を読む

アルミ機械加工とは

アルミ旋削加工は鋼材旋削加工に比べて加工速度を上げることができる。場合によっては表面処理も不要となり、軽量で材料費があまり掛からない小物ピストンなどでは鋼材よりも安価になることが多い。アルミ用のドリルは鋼材用より滑らかな表面粗さ必要で、D...

記事を読む

射出成形工法(CFRTP)

熱可塑性CFRTP。数㎜長の炭素短繊維を含有したペレットを使用する。プラスチック強化用のガラス短繊維を炭素短繊維に置き換えたもの。 通常の射出成形機で成形でき、成形時間は30秒前後と生産性重視。 材料 樹脂ペレット(数㎜...

記事を読む

TIG溶接

Tungsten Inert Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには不活性ガスであるアルゴンガス100%を使用する。溶加材はワイヤーを使用するが、電極としては使用せず、別にタングステン製の電極を非消極電極...

記事を読む

MIG溶接

Metal Inert Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには不活性ガスであるアルゴンガスガス100%を使用し、溶加材ワイヤーを消極電極として使用する。 ワイヤーは自動供給され、溶接速度が速くも深い...

記事を読む

MAG溶接

Metal Active Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには炭酸ガス20 %+アルゴン80%を使用し、溶加材はワイヤーを使用し、消極電極として使用する。 ワイヤーは自動供給される。 サイズ...

記事を読む

■CO2溶接

炭酸ガスアーク溶接とも呼ばれる。空気中のアーク放電を利用し、溶融金属が酸化するのを防止するシールドガスには炭酸ガスを使用する。溶加材はワイヤーを使用し、消極電極として使用する。ワイヤーは自動供給される。 炭酸ガスアーク溶接は炭酸ガス...

記事を読む

アーク溶接とは

空気中のアーク放電を利用する溶加材を使用する溶接法。 自動溶接の場合 、CO2溶接、MAG溶接、MIG溶接 では消極電極ワイヤー、TIG溶接はタングステンの非消極電極を使用する。 手溶接のアーク溶接の場合は 消極電極 の溶接棒...

記事を読む

LFT-D工法(連続繊維CFRTP)

LFT-DはLong Fiber Thermo plastics-Directの略 熱可塑性CFRTP。成形時間は60秒以内と常温強度と生産性重視。 連続炭素繊維と熱可塑性樹脂ペレットから直接押し出して素材を製造し、高速プレス...

記事を読む

SMC工法(半乾シートCFRP/CFRTP)

SMCはSheet Molding Compoundの略。 プリプレグ織布より安価なランダム繊維のSMCシートを高圧圧縮する熱プレス成形法。 SMCシートは炭素繊維を10~50mm程に短くチョップして樹脂と練り合わせて、半硬化...

記事を読む

PCM工法(プリプレグCFRP/CFRTP)

PCM はPre-preg Compression Moldingの略。 樹脂を含侵した半硬化のプリプレグ織布を使用し熱プレスで高圧圧縮する。 このプリプレグは高価だが、RTM法(乾燥連続繊維x樹脂注入)に比べて作業工数が少な...

記事を読む

RTM工法(連続繊維CFRP)

RTMはResin Transfer Moldingの略。 高価なプリプレグを使用しないで、乾燥状態の連続繊維を使用する成形法。特殊な 高圧樹脂注入機 と専用の速硬型熱硬化性樹脂を使用する。 炭素繊維織物を金型内に置いた後に、...

記事を読む

熱プレス成形部品(CFRP) とは

□工法区分 区分 CFRP CFRP CFRP CFRP CFRTP CFRTP 工法 ドライカーボン RTM PCM...

記事を読む