衝突被害軽減/回避システムとは

障害物を感知して衝突に備える機能の総称。代表的なものは自動緊急ブレーキ(AEB)。

構成:

前方衝突回避警報(FCV)、自動緊急ブレーキ(AEB)、

センサー:ステレオ式画像認識カメラ+前方ミリ波レーダー77GHzなど

75歳以上運転者の死亡事故は、正面衝突等・人対車両・追突等が7割、またブレーキとアクセルの踏み間違いを原因とする死亡事故は75歳未満運転者と比較して高い水準となっている。

高齢運転者の事故実態を踏まえて、2017年度から実施する官民をあげた普及啓発のため、「安全運転サポート車」(ver1.0)のコンセプトを以下の通り定義されている。

愛称:セーフティ・サポートカーS(略称:サポカーS)(高齢運転者推奨)
ワイド 自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
車線逸脱警報※2、先進ライト※3
ベーシック+ 自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1
ベーシック 低速自動ブレーキ(対車両)※4、ペダル踏み間違い時加速抑制装置※1

自動ブレーキは、高齢運転者に限らず、全ての運転者の交通事故防止等に資するため、その搭載自動車全般についても、セーフティ・サポートカー(略称:「サポカー」、「サポカーS」)を愛称として、全ての運転者に対する普及啓発を行う。

(注)
※1 マニュアル車は除く。
※2 車線維持支援装置でも可
※3 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯又は配光可変型前照灯をいう。
※4 作動速度域が時速30km以下のもの
※5 将来、技術の進化や目的に応じ、「安全運転サポート車」の対象装置の拡大を想定
※6 このほか、高齢運転者による事故の防止に効果がある技術についても、各社の判断で安全運転サポート車の機能として追加し、普及啓発に活用することができる。

ラゲージ/トランクトリムとは

ラゲッジ(荷室)の側面や底面を覆う内張り。荷物の積載に伴う出し入れ易さに加え、清掃し易さ、傷の目立ち難さなどが求められる。 樹脂パネルのほか、パンチカーペットも使用される。 サイズ: 1000㎜~3000㎜ 構成:...

記事を読む

ラゲージ/トランクトリムとは

ラゲッジ(荷室)の側面や底面を覆う内張り。荷物の積載に伴う出し入れ易さに加え、清掃し易さ、傷の目立ち難さなどが求められる。 樹脂パネルのほか、パンチカーペットも使用される。 サイズ: 1000㎜~3000㎜ 構成:...

記事を読む

フロアートリムとは

フロアーの内張り。難燃性、吸音遮音性能、軽量材が求められる。 サイズ:1000㎜~3000㎜ 構成:フロアーインシュレーター、カーペット、フロアマット

記事を読む

ルーフトリムとは

ルーフトリムとは ルーフの内張り。軽量で遮熱性、吸音性の機能が求められる。 また、目立つ部分なので、インテリア性が重視される。ドアトリム、ルーフトリムなどから構成されるインテリア空間をトータルにコーディネートされたシステムとし...

記事を読む

ウインドガラスとは

ウインドガラス全体では、密封状態では外気との遮断により冷暖房効果と防音効果が期待される。 フロントガラスは長らく強化ガラスが使用されてきたが、衝突時の安全性の向上の目的で従来の強化ガラスから中間膜にフィルムを使用した合わせガラスに変...

記事を読む

ディスクブレーキ装置とは

車輪とともに回転するブレーキディスクを、ブレーキパッドで両側から押さえることで摩擦力(運動エネルギー)を熱エネルギーに変換する仕組みを用いたブレーキ方式。 旧車では前輪をディスクブレーキ、後輪をドラムブレーキとするのが一般的だったが...

記事を読む

ディスクブレーキ装置とは

車輪とともに回転するブレーキディスクを、ブレーキパッドで両側から押さえることで摩擦力(運動エネルギー)を熱エネルギーに変換する仕組みを用いたブレーキ方式。 旧車では前輪をディスクブレーキ、後輪をドラムブレーキとするのが一般的だったが...

記事を読む

ドラムブレーキ装置とは

ドラムブレーキは、車輪とともに回転するブレーキドラムを、その内側に組み込まれたブレーキシューを押しつけることで制動する。よく効くため、大型商用車では4輪ドラムブレーキが主流となっている。 パーキングブレーキは、高温になったブレーキデ...

記事を読む

ABSとは

ボッシュの商品名ABS(Anti Block Brake System)が世界的に標準用語になった。 ABS(横滑り防止装置)はタイヤが横滑りを起こすとハンドル操作しても制御できずカーブを曲がり切れない。あるいはスピンしてしまうこと...

記事を読む

ABSとは

ボッシュの商品名ABS(Anti Block Brake System)が世界的に標準用語になった。 ABS(横滑り防止装置)はタイヤが横滑りを起こすとハンドル操作しても制御できずカーブを曲がり切れない。あるいはスピンしてしまうこと...

記事を読む

コントロールアーム

タイヤの挙動を規制するサスペンション構成部品。 ホイールアライメントに影響し、直進性をコントロールするロワアームやアッパーアームを指す。 アームの形状はV字型が多く、車両側はゴムブッシュで、車輪側はボールジョイントで締結され、...

記事を読む

チルトステアリング

運転ポジションを最適化するためにステアリングのポジションを調整する役割。レバー操作でステアリングの角度を上下に変更し、固定できる。 ステアリング位置を前後に軸方向にスライドできるものをテレスコピック機構という。両方の機能を兼ね備えた...

記事を読む

デフギアとは

デフケース内にあり、カサ歯車で構成された上下に2個のデフピニオンギアと左右に1対2個のデフサイドギアがかみあい構成される。 回転をすることで、左右輪の回転差を吸収してスムーズに走行旋回させる。 サイズ: 直径50㎜~3...

記事を読む

A/Tオイルポンプとは

ATクラッチとATバルブに油圧を供給し制御する。トロコイドポンプが多く使用される A/Tオイルポンプフロントボデイ、A/Tオイルポンプリヤーカバー、インナーローター、アウターローターでトロコイドポンプが構成される。吐出圧は中圧で1M...

記事を読む

A/Tプラネタリーギアとは

A/TプラネタリーギアはATピ二オンギアのほか①A/Tサンギヤ、④A/Tリングギヤ、③A/Tキャリヤーの3つの部品で構成される。その3つの部品の停止する部位により変速比が変えられる。後進も可能。自動車用は静音化の目的ではす歯(ヘリカルギア...

記事を読む

ロックアップ機構

トルクコンバーター内で使用されるプレート状の部品。流体継手は10%程度のすべりロスがある。そのためロックアッププレートに装着している油圧クラッチで直結としてすべりを止め、燃費を改善する。 油圧クラッチの摩擦材はペーパーフェーシングが...

記事を読む

トルクコンバーター

流体カップリング。みかんの輪切り断面状の部品で、内部のオイルの流れを制御する。エンジン側がインペラー、ミッション側がタービンと呼ばれる。3要素式では中間の流れの方向を制御するステーターが追加される。 フィンの数は、 共振をさけるため...

記事を読む

トランスミッションシャフトとは

マニュアルトランスミッションには、 ①エンジンの回転をクラッチを通じて受けるインプットシャフト ②インプットシャフトと1:1で逆回転するカウンターシャフト ③タイヤの回転と連動するアウトプットシャフト の3本がある。 クラッチ締結状...

記事を読む

シフトレバーとは

ドライバーの意思でダイレクトに変速機を操作する。変速情報は電子制御ECUにも伝える。 シフトレバーの取付位置に応じて、フロア配置のフロアシフト、ステアリングコラム配置のコラムシフト、インパネシフトの3種類に大別される。トランスミッシ...

記事を読む