車載充電器とは

電気自動車(EV)の充電を家庭用交流電源AC100Vで行うための充電器。車両側に搭載されているため車載充電器と呼ばれる。

電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(PHV)の車載されている二次電池は高圧直流DC 200 V~400 Vのため、直流変換や昇圧しないと充電できない。そのため、車載充電器は交流ACから直流DCに変換する AC/DCコンバーターと昇圧DC/DCコンバーター で構成されている。

家庭用交流電源AC100Vから長時間かけて充電を行う充電法は普通充電と呼ばれ、14時間程度かかるため電気自動車(EV)普及のネックになっている。

<普通充電回路>

家庭用交流電源AC 100V→ACコネクター→AC/DCコンバーター→昇圧DC/DCコンバーター→車載メインバッテリー

サイズ

300㎜~500㎜

構成

高圧バッテリー充電器(AC/DCコンバーターと昇圧DC/DCコンバーター)、

12V補器バッテリー充電器(※降圧DC-DCコンバーター)、

ケース、冷却システム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする