表面熱処理とは

母材の靱性を確保しながら表面のみを高硬度化し、耐摩耗性と耐疲労強度を両立させる方法。 自動車部品では ガス雰囲気中で熱処理する方法と高温の塩欲槽で処理する方法が使用される。

【適用】エンジン(コンロッド、クランクシャフト)、変速機(ギア、シャフト、CVTプーリーシャフト)、デファレンシャル(ファイナルギヤ、デフサイドギヤ)、ドライブシャフト、等速ジョイントなどに実施されている。

サイズ

10㎜~1000㎜

構成

ガス浸炭焼入、ガス浸炭窒化焼入、ガス窒化、プラズマ窒化、ガス軟窒化、塩浴軟窒化

ガス浸炭 ガス浸炭窒化 ガス窒化 プラズマ窒化 ガス軟窒化 塩浴軟窒化
ワーク 肌焼き鋼 SCM415等、
低炭素合金鋼 SCM,SCr ,SNCM
肌焼き鋼 SCM415等、 低炭素鋼S15C,SPCC SS400 SUM22 ダイス鋼 SKD61 合金鋼 SCM、SNCM
ステンレス鋼 SUS300番 SUS600番
SUS以外の鋼材 SUS以外の鋼材、鋳物(FC、FCD) すべての鋼材、SUSアルミ含み
使用ガス 浸炭性ガスCO₂ 浸炭性ガスCO₂+ 窒素N₂ 0.5~1% アンモニアNH₃ 窒素N₂添加水素ガスH₂ アンモニアNH₃浸炭性CO₂1:1
焼入温度 (℃) 900~940 800~880 浸炭よりやや浅い 500~550 450~530 530~600 570
時間(H) 4~20 1~5 50~100 10 2~5 0.5~3
全硬化層深さ( μm) 200~1000 200~800 200~600 10 5~20 5~30
表面硬度(Hv) 800 1000 1000~1200 600 400~600 500
長所 深さ SPCC可 低ひずみ 低公害 マスキング可 低公害 防錆兼用
短所 ひずみ ひずみ 長時間 処理 コスト シアン公害

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする