RTM工法(連続繊維CFRP)

RTMはResin Transfer Moldingの略。

高価なプリプレグを使用しないで、乾燥状態の連続繊維を使用する成形法。特殊な 高圧樹脂注入機 と専用の速硬型熱硬化性樹脂を使用する。

炭素繊維織物を金型内に置いた後に、主剤と硬化剤を衝突混合させ、そのまま高圧で連続繊維に注入・含浸させる。含浸と硬化時間が短縮され、300秒でのハイサイクル成形が可能となる。

材料

中間材:連続炭素繊維

樹脂:速硬型熱硬化性エポキシ樹脂

工法

複合工法(複合工法(高圧樹脂注入機+熱プレス)300秒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする