鍛造鋼材

鍛造鋼材
<熱間鍛造材>
材質:
炭素鋼S40~48C(クランクなど)S48~53C(等速ジョイントなど)、
合金鋼SCM435(シャフトなど)
はだ焼き鋼SCM415~421(ギア等浸炭焼入)
バネ鋼SK1~SK7

工法:
熱間鍛造→熱処理

<冷間鍛造材>
材質:炭素鋼S20C~S35C、冷間鍛造用鋼線SWRCHなど
工法:冷間鍛造

<鍛造ボルト>
強度4.8:低炭素鋼S20C~S35C、SS400(鍛造→熱処理なし)
強度8.8:高炭素鋼S45C(鍛造→熱処理)
強度10.9:合金鋼SCM435(鍛造→熱処理)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする