リアエンドモジュール

リアエンドモジュール

リア部分の部品一式をモジュール化したもの。組み立てラインの外での作業が可能となり、生産ラインを効率化する。

一方でモジュール部品の大型化が物流の効率化を阻害する。物流の問題に対応するため、海外の生産拠点などでは、最終組立工場の近隣にサプライヤーパークの導入するメーカーもある。

部品メーカーがモジュール化に対応していくためには、システム技術の獲得や新しい加工技術や素材技術などの開発能力の向上が求められる。

特徴

補修の際も、一括交換が可能となり、効率的な一方で、修理費がかさむデメリットも生じる。

サイズ

1000mm~2000mm

構成

ランプ、バンパー、ハーネスなどを一括アッセンブリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする