A/Tシフトレバー

A/Tシフトレバー

ドライバーの意思を電子センサーや油圧機器に伝達する操作機構。

シフト・バイ・ワイアー技術によって、A/Tシフトレバーはどこでもレイアウト可能になった。

また、シフトレバー操作の設計も自由で、シフトレバーが常に中立に戻るタイプなどもあり、ギアポジションの認識もむずかしくなっている。

イグニッションスイッチ、ATシフトレバー、アクセル、ブレーキは一連の動作だが、自動車各社で操作方法が違うので、レンタカーなど不慣れなクルマやパニック時には、とっさの動作ができないこともある。重大事故の遠因にならないように、標準化や安全工学を考慮した最適化が求められる。

画像は富士機工製A/Tシフター。

サイズ

150㎜~200㎜

構成

シフトレバー、ボディ

シフトレバー

サイズ:100㎜~150㎜

材質:鋼管 電縫管

工法:パイプ加工、アーク溶接

ボデイ

サイズ:150㎜~200㎜

材質:ガラス強化ポリアミド樹脂

工法:樹脂成形機 取付部補強金具圧入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする