樹脂射出成形部品一覧

フィルムインサート成形(IML)

IML(Insert Molding Laminate)。1次加工に真空成形、2次加工に射出成形機を使用するフィルム加飾技術。印刷フィルムなどを真空成形であらかじめフォーミングし、射出成形型に入れ一体射出成形する工法。 複雑な三次元形状に...

記事を読む

インモールド成形(IMD)

IMD(In Mold Decorating) 。フィルムをインサート成形する加飾技術。デザイン印刷されたフィルムを射出成形の金型内に挟み込んで射出することにより、樹脂表面へ転写する。射出成形と同時に加飾することで、工程を大幅に減らすこ...

記事を読む

ダイスライドインジェクション(DSI)

DSI(DieSlide Injection)。中空体・積層構造体を1サイクル内で構成する射出成形技術。油圧機構によりスライドする金型構造を有し、金型が特別な仕様となる。 金型は1つで、左右に異形状のキャビティ(掘り込み)がある。1...

記事を読む

ガスアシスト成形部品

金型内に射出された加熱溶融させた樹脂に、直接窒素ガスなどの不活性ガスを注入し、中空構造の成形品を得る成形方法。 ガスアシスト成形機には、ノズルは樹脂用とガス用の2つがある。 高圧の窒素ガスを注入し、内部からの圧力を均一に保つこ...

記事を読む

二色成形部品

異なる2種類の樹脂を1つの成形品に1サイクル内で2回射出し熱融着させる技術。 射出成形機、金型共に特殊仕様となる。射出成形機は2本のノズルがある。金型も2つの異なるキャビチィ―(掘込み)から成り、1次射出位置のキャビチィ―が回転し2次射出...

記事を読む

インサート成形部品

インサート成形部品は、プラスチック射出成形における成形方法の一つで、金属インサート部品と樹脂が一体となった成形品。熱かしめや超音波溶着によって金属部品を後挿入する方法の代わりとなる。後挿入の方法に比べて強度があり、工程短縮によるコスト低減...

記事を読む

樹脂射出成形部品とは

射出成形機は型締め力50トン~数千トンのサイズの成形機があり、小部品からダッシュボードのような大型部品まで対応できる。生産サイクルは20~45秒サイクルと速くはなく、小部品は多数個取りの型を作成し出来高を上げ、24時間稼働とし月産5万ショ...

記事を読む

樹脂射出成形部品

樹脂射出成形部品 射出成形機は型締め力50トン~数千トンのサイズの成形機があり、小部品からダッシュボードのような大型部品まで対応できる。生産サイクルは20~45秒サイクルと速くはなく、小部品は多数個取りの型を作成し出来高を上げ、24時間稼働...

記事を読む