ヘッドライト配光制御システム

ヘッドライト配光制御システム(AHB:Automatic High Beam)

ヘッドランプのハイビームとロービームを対向車や前走車など前方車両の位置に応じ、自動で制御するシステム。ヘッドライトを自動で切り替え夜間の歩行者などの早期発見ができる。

現在ではヘッドランプを対向車や前走車など前方車両の位置に応じ、片側ハイビームや部分遮光などいろいろな遮光によって、配光パターンを自動で制御する配光可変ヘッドランプも開発されている。

画像はデンソーセンシングシステム(自動ハイビーム制御システム)。

種類

(自動切替型前照灯)
ハイビームとロービームを自動的に切り替える。
(自動防眩型前照灯)
ハイビームの照射範囲のうち対向車のエリアのみを部分的に減光する。
(配光可変型前照灯)
対向車や前走車など前方車両の位置に応じ、片側ハイビームや部分遮光などいろいろな遮光によって、配光パターンを自動で制御する。

構成

自動切替型前照灯)前方レーダー、配光制御ECU

自動防眩型前照灯)前方レーダー、車載カメラ、配光制御ECU、

配光可変型前照灯)前方レーダー、車載カメラ、配光制御ECU、配光可変機能付きヘッドライト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする