シートベルトリトラクター

シートベルトリトラクター

ベルトの巻取り装置であるシートベルトリトラクターにはELR(Emergency Locking Retractor)機構が装備されている。大きな加速度が加わったときにロックする。またELRにはプリテンショナー機構とロードリミッター機構が内蔵されている。シートベルト1組に対して、センターピラー内部に1つのリトラクターが装着される場合が多い。

プリテンショナー機構はベルトを瞬時に巻取り、乗員の前方への移動を制限する。エアバッグと同様に、衝突した瞬間に目的を達成する必要があるので、衝突をセンターコンソール内の加速度センサーで感知すると、ガスジェネレーターが爆発し、巻取り装置のシャフトを回転させる。

ロードリミッター機構は規定以上の力が加わった場合に胸部への衝撃を緩和する。ベルトの張力が所定の荷重に達すると、シャフトがねじれ、胸部に加わっている力を緩和させる。

サイズ

50㎜~100㎜

構成

(センターピラー内)シートベルトリトラクター

プリテンショナー機構&ロードリミッター機構内蔵

(センターコンソール内)加速度センサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする