シートベルトとは

シートベルトとは

座席に備えられるベルト状の安全装置。乗員を座席に拘束することで、座席外へ投げ出され負傷することを防ぐ。

現在一般的な乗用車に使われているシートベルトのロック機構には、緊急ロック式巻取装置(ELR: Emergency Locking Retractor)、自動ロック式巻取装置(ALR: Auto  Locking Retractor)、チャイルドシート固定機能付(ELR―ALR)の 3 種類がある。

ELRにはプリテンショナー機構とロードリミッター機構が内蔵されている。

プリテンショナー機構はベルトを瞬時に巻取り、乗員の前方への移動を制限する。ロードリミッター機構は規定以上の力が加わった場合に胸部への衝撃を緩和する。

使い分けは、運転席や助手席には、緊急ロック式巻取装置(ELR)が使用され、シートベルトをゆっくりと引き出すと出し入れできるが、急ブレーキを踏んだりするとシートベルトがロックされる。後席には、自動ロック式巻取装置(ALR)が使用され、シートベルトを引き出している途中で手を止めると、自動的にロックされそれ以上ベルトが引き出せない。

チャイルドシート固定機能付(ELR―ALR)は、2000年~2008年式に普及したが、現在販売される車両には装着されていない。このELR―ALR機構は、普段はELR機構でゆっくりと引き出すと出し入れできるが、すべて引き出すとALR機能に切り替わり、巻き込み方向にしか動かなくなる。それによって子供の首絞め事故が多発した。2008年には、国民生活センターから注意喚起されたが、リコールで改修されているわけではないので、2000年~2008年式のELR―ALR装着車では注意を要する。

画像は東海理化電機製作所製シートベルト。

サイズ

2000mm~3000mm

構成

シートベルトウェビング、固定用バックル、リトラクター(巻取り装置)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする