車輪速度センサー(ABSセンサー)

車輪速度センサー(ABSセンサー)

磁気センサーを利用して、4輪のパルス速度信号を電子制御ECUに送るセンサー。電子制御ECUはスリップ検知のため各輪の速度差を監視する。4輪に装着され回転するホイールギアと固定磁石との間の磁気変化を周波数としてとらえ電子制御ECUに送る。

スリップ率が10~20%を超えるとアクチュエーターを作動させる。

画像は万都製ホイールスピードセンサー。

サイズ

50㎜~100㎜

構成

非計測側:パルスギア

センサー側:磁気センサー、ケース、電線、コネクター

□磁気センサー

構成:コイル、永久磁石、電極、

□ケース

材質:ポリブチレンテレフタレート樹脂PBTなど

工法:射出成形→センサー組付→コネクター組付

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする