ステアリング舵角センサー

ステアリング舵角センサー

ホール素子などを使用して、ステアリングの舵角情報を電子制御ECUに送信するセンサー。

回転量に応じた信号を出力。ECUで演算することで、回転方向、回転角度、回転速度、回転角速度を出力できる。

車両ダイナミック制御ESCや、電動パワーステアリングEPSなどで使用する。

EPSは発展型として、強制的にハンドルを回して車線を維持する「レーンキープアシストシステム(LKAS)」、ステアリングを自動操舵する「車庫入れ支援システム」、「ステアリングコラムがないステアリング装置」などの自動運転システムを実現させる。

サイズ

50㎜~100㎜

構成

半導体センサー、ケース、コネクター

□半導体センサー(ホールIC)

材質:磁気抵抗素子(ホール素子)、専用IC(アンプ、出力回路)、電子回路

□ケース

材質:ポリブチレンテレフタレート樹脂PBTなど

工法:射出成形→ケース同時モールド→ローター組付→コネクター組付

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする