アクセルペダルセンサー

アクセルペダルセンサー

ホール素子などを使用して、ペダル踏み込み量情報を電子制御ECUに送るセンサー。アクセルの支点付近に装着する。電子制御ECUが目標スロットル開度値を決めてスロットルモーターを制御する。

アクセルペダルセンサーは2系統になっており、アクセルペダルの踏み込み量と踏み込み速度を検出するホールICが2個独立して組み込まれている。2個のホールICは、出力特性が異なり、同じアクセル開度を検出しても出力される電圧値が異なる。これらの出力値をECUは記憶しており、双方の電圧値が正しい関係性で出力されているかを常に監視している。

画像はContinental製ペダルアングルセンサー。

サイズ

50㎜~100㎜

構成

半導体センサー、ケース、コネクター

□半導体センサー(ホールIC)

材質:磁気抵抗素子(ホール素子)、専用IC(アンプ、出力回路)

□ケース

材質:ポリブチレンテレフタレート樹脂PBTなど

工法:射出成形→センサー組付→コネクター組付

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする