電動ブレーキ(バイ・ワイヤー)

電動ブレーキ(バイ・ワイヤー)

ブレーキペダルとマスターシリンダーの間にシュミレーターと呼ばれるセンサーとコンピューターを組み込み、人力で直接制動せず、電動モーターで制動力を得るブレーキ機構。

電力失陥時の対応はキャパシタ等補助電力を搭載したり、油圧を蓄圧するアキュームレーターなどが使用される。

電動ブレーキでは本来ブレーキペダルは単なるスイッチで踏みごたえはない。そのため、ブレーキシミュレータ―を設置し、従来車の油圧式ブレーキシステムと違和感なく乗車できるように油圧ブレーキを模した踏みごたえを作成している。しかし、近年はブレーキ踏力が軽くなりすぎていて、従来車と交互に乗車すると、ブレーキ力の調整が難しく電動ブレーキではカックンブレーキになる傾向にある。

ハイブリッド車や電動車でブレーキマスターシリンダー部分に電動ブレーキが採用される理由は、回生ブレーキで発電していることに起因している。自動車は加速や定速走行の機会が圧倒的に多く、減速の機会は少ない。回生ブレーキはモーターブレーキのことで、少ない減速の機会にできるだけ多くのモーターブレーキを掛けようとするため、人力の油圧ブレーキと縁を切って、コンピューター制御でモーターブレーキと電子制御油圧ブレーキを配分しなければ、燃費や電費を向上させることができない。

近年はパーキングブレーキもバイワイヤー化している。目的は利便性の向上で、サイドレバーを引く力作業がボタン操作に変わっている。信号停車時の自動パーキング機能やパーキングレバーの廃止による車室が拡大する効果が好評を得ている。

画像はBosch製回生ブレーキシステム。

構成

ブレーキシミュレータ―(センサー、人工踏みごたえ作成装置)、電動ブースター、ECU、フェールセーフ部品(キャパシタまたは油圧アキュームレーター)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする