タイミングチェーンベルト

タイミングチェーンベルト

クランクシャフトとカムシャフトとの距離が遠いOHC(Over Head Camshaft)方式のエンジンのバルブタイミングを取り両者の動きを連動させるベルト。金属チェーン仕様とゴムベルト仕様がある。

近年は車両寿命が長くなり、10万kmの寿命では不十分になってきている。

ゴムベルトの長所はエンジンを分解しないで外から換えることができることと、静粛性。短所は耐久性で、アラミド繊維で強化しても10万km程度でフリーメンテナンスにならない。

一方、チェーンの長所は長寿命で30万kmの寿命がある。短所は静粛性だったが、サイレントチェーンの登場で近年は金属チェーンの採用が増えている。

画像は滲透工業のチェーンのローラ部へのクロム合金の拡散浸透処理

方式

SOHC、DOHC

サイズ

300mm~500mm

□チェーン

構成

リンクプレート、ローラー、リベット

工法

プレス→組立

□ゴムベルト

材質

繊維強化エチレンプロピレンゴムEPDMなど

工法

ゴム練り→ベルト本体(補強層作成→モールド加硫成形→輪切り切断→ギアカット)→外被布ラップ加工→加硫成形

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする