カムシャフト

カムシャフト

回転運動を反復運動に変換し、バルブシステムに伝える。バルブの開閉を促すカムを直列に複数まとめたもの。カム部は偏心加工され、断面は卵型が多い。

4サイクルエンジンで使用され、クランクシャフト2回転につきカムシャフトが1回転する。

鋳造の鋼製材料からカムを切削御研磨して成形し、カムの表面を高周波焼き入れや化成処理で硬化させる工法が一般的だが、カム山だけを別体で作ってシャフトに焼き嵌めする工法も増えている。

カムはカムシャフトの心臓部であり、バルブの開閉タイミング、開閉時間、リフト量を制御する形状が決定されている。

カムシャフトがねじれると、気筒間のバルブタイミングが狂うため、シャフト寸法は強度よりも剛性(変形度合い)で決まる。

画像は武蔵精密工業製組立カムシャフト。

方式

DOHC、SOHC、OHV

サイズ

300mm~600mm

材質

チルド鋳鉄

(炭素,ケイ素が少ない鋳鉄 、C2.5~3.5%,Si0.3~0.9%,Mn0.3~0.9%程度)

工法

チル鋳物(鋳型の必要部分に冷やし金をはめて鋳造)→機械加工(旋削、ならい研削)→高周波焼入焼戻→表面処理(りん酸マンガン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする