駆動モーター(電気自動車/ハイブリッド/燃料電池)一覧

駆動モーター用角度センサー

レゾルバ レゾルバはセンサー鉄心とコイルのみで構成され他のセンサーに比べると耐環境性や信頼性が高い。 電動車の駆動モーターの磁極位置の検出と正確な回転速度を把握する役割。レゾルバは電磁誘導を応用し、軸の回転角度を2相の交流電圧...

記事を読む

ステーターASSY

駆動モーター内部の固定体ユニット。一般の直流モーターと逆の構成で、ステーターに電磁石を用いるが、ステーターコアには厚さ0.2~0.5㎜の無方向性電磁鋼板が、カシメまたは接着で積層され、各鋼板の表面には厚さ1~2μmの絶縁被膜が形成されてい...

記事を読む

ローターASSY

駆動モーター内部の回転ユニット。一般の直流モーターと逆の構成で、回転するローターに永久磁石を用いる。 回転体のローターコアには厚さ0.2~0.5㎜の無方向性電磁鋼板が、カシメまたは接着で積層され、各鋼板の表面には厚さ1~2μmの絶縁...

記事を読む

モーターシャフト

駆動モーターは小型・軽量で低速から高速回転の全域にわたり高性能を発揮する高出力特性が求められる。モーターシャフトは比較的大径であり重量が嵩む。設計的には中実シャフトも中空シャフトも大径が同じであれば強度はあまり変わらないため、中空シャフト...

記事を読む

モーターケース

電動車の駆動モーターケースは、冷却水路を形成することが多い。一体成形の1ピースタイプと2部品を組み合わせる2ピースタイプがある。2ピースタイプは小型化が可能になるが、価格面で、一体形1ピースタイプもニーズが高い。やや大型になるのが欠点だが...

記事を読む

駆動モーター(電気自動車/ハイブリッド/燃料電池)とは

1モーター式ではディファレンシャルギアが必要になる。 2モーター式ではディファレンシャルギアは不要となるが、高度な制御技術が必要になる。 4モーター式はホイールに内蔵となり、高出力化が容易で重量配分も優れたものになるが、バネ下...

記事を読む

モーターコア

電動車の駆動モーターの形式は、永久磁石とコイルが直流モーターとは反対に配置され、ローターに永久磁石が埋め込まれた、埋め込み磁石形(IPM)と呼ばれる交流モーターが多い。 回転体のローターコアは、渦電流損失を防止するため、厚さ0.2~0.5...

記事を読む

電磁鋼板

電磁鋼板 磁性材料には、電流の向きを反転すると容易に磁化も反転する「軟質磁性材料」と、電流を切っても磁化を維持し続け永久磁石になる「硬質磁性材料」の2種類があり、電磁鋼板は「軟質磁性材料」に該当する。 電磁鋼板の材質は、磁気特性に悪影響のあ...

記事を読む

モーター用永久磁石

モーター用永久磁石 EV車の駆動モーターの形式は、埋め込み磁石形(IPM)と呼ばれる交流モーターが多い。永久磁石とコイルが直流モーターとは逆に配置され、ローターに磁石が使用され、コイル巻き線のような不安定なものがなく、高速回転に向いている。...

記事を読む

駆動モーター(電気自動車/ハイブリッド/燃料電池)

駆動モーター(電気自動車/ハイブリッド/燃料電池) 電気自動車、ハイブリッド車、燃料電池車において動力を発生さっせる、またバッテリーに蓄電するためのモーター。 1モーター式ではディファレンシャルギアが必要になる。2モーター式ではディファレ...

記事を読む