燃料電池システム一覧

燃料電池システム部品

燃料電池システム部品 ■制御バルブ類 使用温度範囲 -40℃~85℃ 構成: <タンク水素供給ライン> 高圧水素供給バルブ(供給)→高圧水素レギュレーター(減圧)→水素インジェクター(流量制御) <生成水ライン> パージバルブ、ドレイ...

記事を読む

高圧水素タンク

高圧水素タンク 70MPaの超高圧で水素を貯蔵する。 FCVの燃料である水素は原子径が小さく、金属材料では透過したり、金属を劣化させたりする可能性がある。そのため、高圧水素タンクは金属ではなく、炭素繊維や樹脂などで構成される。 現状の搭...

記事を読む

燃料電池部品

燃料電池セル用ガスケット 燃料電池セル用ガスケットは、セパレーターと呼ばれる流路形成部材の間に配置されるゴムシール。燃料電池内で水素と酸素の流路を保ち、生成された水の排水性を高める。 多数枚の積層になるため、ゴム材料は、自己接着性が要求さ...

記事を読む

燃料電池電極

燃料電池電極 燃料電池の正極板と負極板に用いられる導体。 電極は触媒層と外側のガス拡散層の2層で構成され、触媒層は5nm(0.005μm)の白金ナノ微粒子で構成される。触媒層を支持するガス拡散層はカーボンペーパー製で、気体透過性があり、触...

記事を読む

燃料電池触媒

燃料電池触媒 触媒とは化学反応において、触媒自身は変化しないが、反応速度を変化させる物質。燃料電池では正極板と負極板に用いられる。発電のための化学反応を促進する。 電極は触媒層と外側のガス拡散層の2層で構成され、カーボン担架白金ナノ微粒子...

記事を読む

燃料電池セパレーター

燃料電池セパレーター 各セルの間に挟んで,燃料ガスや空気を遮断する役割を果たす板状の部品。各セルをシールするとともに、流路を形成し、燃料ガスや空気を送り込む。 セパレーターにはカーボン製とステンレス製がある。カーボンは軽さ,ステンレス製は...

記事を読む

燃料電池電解質膜

燃料電池電解質膜 燃料電池において電極間に用いられる膜。 水素はこの間を通る際にイオン交換を行う。作動温度は80℃~100℃と低い。燃料電池車の「固体高分子形燃料電池」で用いられる電解質膜は、主にフッ素系電解質膜が広く利用されている。しか...

記事を読む

燃料電池

燃料電池 水に電気を通すと水素と酸素の泡が出てくるのは「水の電気分解」。燃料電池の仕組みはその逆で、「水素」と空気中の「酸素」を反応させて電気を起こす。自動車で使用されるのは、「固体高分子形燃料電池(PEFC:、Polymer Electr...

記事を読む

燃料電池スタック部品

燃料電池冷却システム 燃料電池スタックの過熱を防止するための冷却システム。 セルを直接冷却しているため、冷却水に電気が流れる。そのため、冷却液を通じて漏電しないよう、導電率を低くする工夫がされた専用のクーラントが設定される。導電率を低くす...

記事を読む

燃料電池スタック

燃料電池スタック 燃料電池のパッケージ。1枚のセルの出力は0.7Vと小さいので、セルは300枚程度使用される。このセルとガスケット、セパレーターを重ねて一つのパッケージにしたものを燃料電池スタックと呼ぶ。通常、燃料電池スタック数個を連結して...

記事を読む

燃料電池システムとは

燃料電池システムとは 水に電気を通すと水素と酸素の泡が出てくるのは「水の電気分解」。燃料電池の仕組みはその逆で、「水素」と空気中の「酸素」を反応させて電気を起こす画期的な発電システム。エネルギー効率に優れ、有害物質を排出しないことから、地球...

記事を読む