樹脂成形部品一覧

射出成形工法(CFRTP)

熱可塑性CFRTP。数㎜長の炭素短繊維を含有したペレットを使用する。プラスチック強化用のガラス短繊維を炭素短繊維に置き換えたもの。 通常の射出成形機で成形でき、成形時間は30秒前後と生産性重視。 材料 樹脂ペレット(数㎜...

記事を読む

LFT-D工法(連続繊維CFRTP)

LFT-DはLong Fiber Thermo plastics-Directの略 熱可塑性CFRTP。成形時間は60秒以内と常温強度と生産性重視。 連続炭素繊維と熱可塑性樹脂ペレットから直接押し出して素材を製造し、高速プレス...

記事を読む

SMC工法(半乾シートCFRP/CFRTP)

SMCはSheet Molding Compoundの略。 プリプレグ織布より安価なランダム繊維のSMCシートを高圧圧縮する熱プレス成形法。 SMCシートは炭素繊維を10~50mm程に短くチョップして樹脂と練り合わせて、半硬化...

記事を読む

PCM工法(プリプレグCFRP/CFRTP)

PCM はPre-preg Compression Moldingの略。 樹脂を含侵した半硬化のプリプレグ織布を使用し熱プレスで高圧圧縮する。 このプリプレグは高価だが、RTM法(乾燥連続繊維x樹脂注入)に比べて作業工数が少な...

記事を読む

RTM工法(連続繊維CFRP)

RTMはResin Transfer Moldingの略。 高価なプリプレグを使用しないで、乾燥状態の連続繊維を使用する成形法。特殊な 高圧樹脂注入機 と専用の速硬型熱硬化性樹脂を使用する。 炭素繊維織物を金型内に置いた後に、...

記事を読む

熱プレス成形部品(CFRP) とは

□工法区分 区分 CFRP CFRP CFRP CFRP CFRTP CFRTP 工法 ドライカーボン RTM PCM...

記事を読む

熱プレス成形部品(CFRP)

記事を読む

ドライカーボン部品(CFRP)

オートクレープ法(高温高圧炉)。 成形型に予めパターンカットされた樹脂含浸した半硬化状態のプリプレグを配置し脱気や真空引きを加え必要な板厚に積層した後、オートクレーブに入れて成形する。真空吸引で脱気を継続しながら成形する。成形時間は...

記事を読む

カーボン繊維強化樹脂部品とは

CFRTPは熱硬化性樹脂、CFRTPは熱可塑性樹脂を使用する製品の略号。 カーボン成形は熱硬化性樹脂と炭素繊維織布の組み合わせで、オートクレーブ工法(高温高圧炉)からスタートしたが生産性に課題があった。そのため、生産性向上を狙いとし...

記事を読む

カーボン繊維強化樹脂部品

記事を読む

フィルムインサート成形(IML)

IML(Insert Molding Laminate)。1次加工に真空成形、2次加工に射出成形機を使用するフィルム加飾技術。印刷フィルムなどを真空成形であらかじめフォーミングし、射出成形型に入れ一体射出成形する工法。 複雑な三次元形状に...

記事を読む

インモールド成形(IMD)

IMD(In Mold Decorating) 。フィルムをインサート成形する加飾技術。デザイン印刷されたフィルムを射出成形の金型内に挟み込んで射出することにより、樹脂表面へ転写する。射出成形と同時に加飾することで、工程を大幅に減らすこ...

記事を読む

ダイスライドインジェクション(DSI)

DSI(DieSlide Injection)。中空体・積層構造体を1サイクル内で構成する射出成形技術。油圧機構によりスライドする金型構造を有し、金型が特別な仕様となる。 金型は1つで、左右に異形状のキャビティ(掘り込み)がある。1...

記事を読む

ガスアシスト成形部品

金型内に射出された加熱溶融させた樹脂に、直接窒素ガスなどの不活性ガスを注入し、中空構造の成形品を得る成形方法。 ガスアシスト成形機には、ノズルは樹脂用とガス用の2つがある。 高圧の窒素ガスを注入し、内部からの圧力を均一に保つこ...

記事を読む

二色成形部品

異なる2種類の樹脂を1つの成形品に1サイクル内で2回射出し熱融着させる技術。 射出成形機、金型共に特殊仕様となる。射出成形機は2本のノズルがある。金型も2つの異なるキャビチィ―(掘込み)から成り、1次射出位置のキャビチィ―が回転し2次射出...

記事を読む

インサート成形部品

インサート成形部品は、プラスチック射出成形における成形方法の一つで、金属インサート部品と樹脂が一体となった成形品。熱かしめや超音波溶着によって金属部品を後挿入する方法の代わりとなる。後挿入の方法に比べて強度があり、工程短縮によるコスト低減...

記事を読む

樹脂射出成形部品とは

射出成形機は型締め力50トン~数千トンのサイズの成形機があり、小部品からダッシュボードのような大型部品まで対応できる。生産サイクルは20~45秒サイクルと速くはなく、小部品は多数個取りの型を作成し出来高を上げ、24時間稼働とし月産5万ショ...

記事を読む

軟質ウレタンフォーム

自動車座席用のシートクッションなど 「軟質フォーム」。熱硬化性のポリウレタン樹脂PUを使用し、発泡剤、整泡剤、触媒、着色剤などを混合し樹脂化させながら連続気泡を形成する。発泡倍率が約60~10倍程度の軽いプラスチック発泡体で俗にウレ...

記事を読む

発泡硬質プラスチック

発泡倍率は低く1.3倍程度だが、製品の剛性は厚みの3乗に比例するため、重量が軽くても厚板の効果により強度や、剛性を増して軽量化が可能になる。 射出成型機を用いる工法であるが、材料からガスを発生させる「化学発泡」と射出成型機に高圧ガス...

記事を読む

真空成形部品

加熱・軟化させた板状の熱可塑性樹脂を型に合わせて真空吸引することにより成形する。雄雌セットの型は必要なく、片面の型で成形できる。型の材質は樹脂、アルミなど切削性が良く安価。長所はあらかじめシルク印刷を施した材料を使用し、刻印やデザイン製品...

記事を読む