溶接部品一覧

TIG溶接

Tungsten Inert Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには不活性ガスであるアルゴンガス100%を使用する。溶加材はワイヤーを使用するが、電極としては使用せず、別にタングステン製の電極を非消極電極...

記事を読む

MIG溶接

Metal Inert Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには不活性ガスであるアルゴンガスガス100%を使用し、溶加材ワイヤーを消極電極として使用する。 ワイヤーは自動供給され、溶接速度が速くも深い...

記事を読む

MAG溶接

Metal Active Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには炭酸ガス20 %+アルゴン80%を使用し、溶加材はワイヤーを使用し、消極電極として使用する。 ワイヤーは自動供給される。 サイズ...

記事を読む

■CO2溶接

炭酸ガスアーク溶接とも呼ばれる。空気中のアーク放電を利用し、溶融金属が酸化するのを防止するシールドガスには炭酸ガスを使用する。溶加材はワイヤーを使用し、消極電極として使用する。ワイヤーは自動供給される。 炭酸ガスアーク溶接は炭酸ガス...

記事を読む

アーク溶接とは

空気中のアーク放電を利用する溶加材を使用する溶接法。 自動溶接の場合 、CO2溶接、MAG溶接、MIG溶接 では消極電極ワイヤー、TIG溶接はタングステンの非消極電極を使用する。 手溶接のアーク溶接の場合は 消極電極 の溶接棒...

記事を読む

レーザー溶接

自己溶融法で溶加材不使用。主に精密シーム接合に用いられる。レーザー溶接は、レーザー熱で材料がいったん溶融しその後に凝固すると接合される。板厚は選ばないが溶接したい部位の精度が要求される。レーザー溶接は溶接面が圧入など密着していないとうまく...

記事を読む

摩擦圧接

自己溶融法で溶加材不使用。接合する2本の金属棒を高速回転し擦り合わせることで 摩擦熱によって母材が軟化すると同時に圧力を加えて接合し、摩擦圧接部は高い強度が得られる。銅とアルミ、アルミとステンレスの接合といった溶接では難しい異種金属の接合...

記事を読む

スポット溶接

電気抵抗溶接の一種。自己溶融法で溶加材不使用。主に薄板どうしの接合に用いられる。スポット溶接は、銅電極で重ねた金属材料を挟み込み、加圧状態のまま数千~数万Aの大電流を短時間流すことにより、抵抗発熱で材料がいったん溶融しその後に凝固すると接...

記事を読む

アーク溶接

空気中のアーク放電を利用する溶加材を使用する溶接法。 自動溶接の場合 、CO2溶接、MAG溶接、MIG溶接 では消極電極ワイヤー、TIG溶接はタングステンの非消極電極を使用する。 手溶接のアーク溶接の場合は 消極電極 の溶接棒...

記事を読む

はんだ付け

ろう接はろう付とはんだ付に区分される。溶加材の融点が450℃以下がはんだ付、451℃以上がろう付と定義されている。接合する部材よりも融点の低い合金(ろう)を溶かして接着剤として用いる。 はんだはSn-Ag-Cu系、溶融温度は20...

記事を読む

ろう付け(Brazing)

■ろう付け(Brazing) ろう接はろう付とはんだ付に区分される。溶加材の融点が450℃以下がはんだ付、451℃以上がろう付と定義されている。接合する部材よりも融点の低い合金(ろう)を溶かして接着剤として用いる。水素雰囲気や...

記事を読む

溶接部品とは

2つ以上の金属部品の接合法。自動車では電気抵抗の発熱で溶接するスポット溶接が多いが、その他各種の溶接も多用される。足回りでは溶加材を用いるアーク溶接、ミッション等の構成部品には溶加材を用いない高精度なレーザー溶接、トルクコンバータなど接合...

記事を読む

溶接部品

2つ以上の金属部品の接合法。自動車では電気抵抗の発熱で溶接するスポット溶接が多いが、その他各種の溶接も多用される。足回りでは溶加材を用いるアーク溶接、ミッション等の構成部品には溶加材を用いない高精度なレーザー溶接、トルクコンバータなど接合部...

記事を読む