ドライバー状態モニターシステム

ドライバー状態モニターシステム

様々な生体センサーやカメラを使いドライバーの眠気などを推定する車内モニターシステム。計測対象は人間の声、血圧、 体動、呼吸、まぶた、視線、心拍、脈拍等。

具体的には、運転前や運転中にステアリングホイールやシート等に搭載したセンサーを通じて、ドライバーの脈拍や血流等を測定し、AIが運転可能な状態であるかを判断する。

また、運転中は車内に設置したカメラを利用してドライバーの瞼の動きや頭の動きを認識してドライバーの運転状態をAIが監視する。活用方法は

■自動運転レベル1~2(運転支援)では

運転中や運転前のドライバーの心身状態をセンサーやカメラを通じて自動車側が監視し、警告を出してドライバーが運転に集中できるよう警報を出す

■自動運転レベル3~4(特定場所で自動運転)では

運転前にドライバーのセンシングを行い、健康状態が悪い場合に手動運転を行えないようにすることで、事故の防止につなげる。

運転中にドライバーの体調が急変して運転に支障をきたす可能性を検知した場合に自動運転に切り替えて安全な場所に退避、意識不明等による暴走事故を防止する。

画像はパイオニア製居眠り警報システム。

構成

ドライバー状態モニターECU、生体センサー、カメラ、警報器

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする