センサーとは

センサーとは

自動車には1台当たり数十種類のセンサーが使用されている。センサー搭載増の歴史は、排ガス規制がきっかけとなっている。排気ガスは、大気汚染、オゾン層破壊、酸性雨、地球温暖化現象などを引き起こす原因となっているため、排出ガス規制が強化され、各種センサーも進化してきた。

一方、安全性、快適性、利便性追求も同時進行した。また、車両制御、車体制御、情報システム制御も進化し、さらに多くのセンサーが採用されている。センサーの要求特性としては、計測精度のほか耐熱性、耐振性、量産性、低コストが重要な要素になっている。

用途分類では温度センサー、圧力センサー、力学センサー、流量センサー、光学センサーに区分される。

構造分類では半導体の使用が多くなっている。温度センサーにはサーミスター、圧力センサーには力学的センサーである圧電素子(ピエゾ素子)、変位センサーには電磁センサーであるホール素子、光学センサーにはフォトダイオードなどが使用され、いずれも電気信号に変換され使用される。

サイズ

10㎜~100㎜

構成

■エンジン制御

□吸排気系

エンジン温度、燃焼圧、ノック、バキューム、エンジン回転数、カムポジション、クランク角、MAP(空燃比センサー)、エアーフロー、吸気温、吸気圧、酸素(CO2)、、A/Fセンサー、排気温、EGRガス温、NOX

センサー 検出素子 機能
エンジン温度センサー サーミスタ素子 エンジン冷却水温度を検出
カムセンサー ホール素子 気筒判別、カムシャフト角度検出
クランク角センサー ホール素子 クランク角度を検出
エンジン回転数センサー 磁気センサー エンジンの回転数信号を検出
燃焼圧センサー 圧電素子 気筒内の圧力検出
エアーフローセンサー 熱線 吸入空気量を直接的に検出
MAP(空燃比)センサー(バキュームセンサー) 圧電素子 エアーフローセンサーに換えてインマニ負圧を計測し吸入空気量を間接的に検出
吸気温度センサー サーミスタ素子 インマニ温度を検出
吸気圧センサー(バキュームセンサー) 圧電素子 インマニ負圧を検出
ノックセンサー 圧電素子 ノッキングの状態を検出
排気温センサー サーミスタ素子 排気ガス温度を検出
EGRガス温センサー サーミスタ素子 EGRガス温度を検出
酸素センサー 二酸化ジルコニウム 排気ガス中の酸素濃度を濃い薄いで検出
A/Fセンサー 二酸化ジルコニウム 排気ガス中の酸素濃度を連続で検出
NOXセンサー 二酸化ジルコニウム 排気ガス中のNOX濃度を連続で検出

□操作系

アクセルペダル、スロットルポジション

□燃料系

フューエルレベル

□潤滑系

油圧、オイルレベル、オイルコンディション

□冷却系

ラジエーター水温

■車両制御系

□横滑り防止装置ABS/トラクションコントロールシステムTCS/車両ダイナミック制御ESC

ブレーキ圧力センサー、車速センサー、車輪速度センサー、加速度、ヨーレートセンサー

□ステアリング

ステアリング舵角センサー、車高センサー

■車体制御系

□エアバッグ

衝突検知 加速度センサー

□空調系

外気温、室内温、エアコン温度、エアコン水温、エアコン日射

エアコン冷媒圧、エバポレーター出口温度

□ワイパー

レインセンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする