その他運転支援システムECU

ステアリングECU

センサーでステアリングの舵角等を計測し、電動パワーステアリングEPSのモーターがステアリングの動きを補助する。センサーは3種類。

ステアリングセンサー(舵角センサー)、パワステセンサー(ポジションセンサー、トルクセンサー)

自動運転対応では、ステアリングはステアリングバイワイヤーとなる。ステアリングアングルアクチュエータを使用し、操舵は100%モーターで行い人力不要とする。

コラムに設けたモータはステアリング・フォース・アクチュエータ(SFA)、ラック・ケースに設けた2個のモータはステアリング・アングル・アクチュエータ(SAA)と呼び、これらのシステムは応答遅れが少なく操縦性が良い。また、外乱によるキックバックの排除ができるため、路面の傾斜、わだち、横風などでハンドルが取られにくく直進性がよい。

フェイルセーフとしてステアリング・シャフトは残されており、途中に設けたクラッチにより、異常発生時はステアリングラックとステアリングホイールを機械的に接続する。

画像はBosch製電動パワーステアリングECU。

サイズ

50mm~100mm

構成

電子基板、マグネシウム合金筐体、コネクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする