角度センサー

角度センサー

EV車の駆動モーターの磁極位置の検出と正確な回転速度を把握する役割。

電磁誘導を使うレゾルバが主流。軸の回転角度を2相の交流電圧(アナログ信号)として出力する。この出力電圧は回転角によって変化するため、その電圧を読取ることにより角度を知ることができる。

レゾルバはセンサ鉄心とコイルのみで構成される。他のセンサに比べると耐環境性能に優れ信頼性が高い。

サイズ

100㎜~200㎜

構成

鉄心、コイル(モーターの回転軸にコイルを複数配置したもの)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする