燃料電池スタック

燃料電池スタック

燃料電池のパッケージ。1枚のセルの出力は0.7Vと小さいので、セルは300枚程度使用される。このセルとガスケット、セパレーターを重ねて一つのパッケージにしたものを燃料電池スタックと呼ぶ。通常、燃料電池スタック数個を連結してケースに収め、冷却システムも装備し車両に搭載する。

水素は無色、無臭でガス漏れが気づきにくく、爆発しやすいため、発火安全性対策が最重要開発課題となる。

構造面の対策は、セル(MEA)のシール剤は、高いガスバリア性と電気絶縁性が必要で、振動、衝撃等を吸収するためにゴム弾性体であることが望ましい。また、高分子膜を機能させるのに必要な水蒸気を外部に漏らさない低透湿性、耐酸性、耐湿性および耐熱性を併せ持つことが必要となる。 スタックケースは衝突事故などで、衝撃が加わった際にセルがずれないような工夫を行いスタックからの水素漏れを防ぐ。

画像はトヨタミライ第二世代燃料電池スタック。

サイズ

300㎜~500㎜

構成

アッパーケース、ロワーケース、正極電極、負極電極、水素供給口、空気供給口、冷却水コネクター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする