ダイカスト部品一覧

マグネシウムダイカスト材質

マグネシウムダイカストの自動車部品への展開は少ない。これは、エンジン部品へは耐熱性不足で展開が難しく、また、単なる軽量化のための部品は、樹脂の繊維強化技術の進展でマグネシウム合金の採用も劣勢になっていることに起因している。用途としては、高...

記事を読む

マグネシウムダイカスト部品とは

金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよい。 マグネシウム合金の場合はアルミニウム合金より高温高圧で成形するため射出ノズルなどが特殊になる。 サイ...

記事を読む

アルミダイカスト用材質

■アルミダイカスト材質 ダイカスト用のアルミ合金は、通常のアルミ合金鋳物に比べて、鉄、亜鉛、マグネシウムなどの不純物が多く許容されている。ダイカスト後の強度は高く靭性があるが、普通ダイカストは鋳巣があり耐圧品には向かない。 よ...

記事を読む

アルミダイカスト部品とは

普通アルミダイカスト部品 金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよいが、気泡の巻き込みがあるために普通ダイカスト品は熱処理や溶接ができない。また油圧部品...

記事を読む

マグネシウムチクソモールド部品

投入材料は数㎜の固体チップ状で、溶融保持の必要がなく生産上の安全性が高い。また、高圧のため、製品はダイカストでは得られない0.6~0.8mmの薄肉の成形が可能。 製造法は、射出成形機を使用し、シリンダ ―内のスクリューのせん断力で半...

記事を読む

マグネシウムダイカスト部品

金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよい。 マグネシウム合金の場合はアルミニウム合金より高温高圧で成形するため射出ノズルなどが特殊になる。 サイズ 50㎜~...

記事を読む

アルミダイカスト部品

■普通アルミダイカスト部品 金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよいが、気泡の巻き込みがあるために普通ダイカスト品は熱処理や溶接ができない。また油圧部品など気...

記事を読む

ダイカスト部品

ダイカスト部品 金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよい サイズ 50㎜~1000㎜ 構成 金型(雌) 材質 アルミニウム合金、マグネシウム合金、亜鉛合金など...

記事を読む