アルミダイカスト部品

アルミダイカスト部品

金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよいが、気泡の巻き込みがあるために普通ダイカストでは熱処理ができない。熱処理が必要な場合は真空法などの特殊ダイカスト法で製造する。

<特殊ダイカスト>

ブローホール 引け巣 熱処理 溶接 中空形状
普通ダイカスト
真空法
高真空法
PF法
局部加圧法
アンダーカット

■真空法・・・型内部のキャビティを真空にして気泡の巻き込みによるブローホールを少なくする特殊ダイカスト法。熱処理が可能となる。

装置:低真空装置 -20~-50KPa(20~50 %真空)

■高真空法・・・特殊ダイカスト法。普通真空法ダイカストでは気泡の巻き込みが少なく熱処理ができるが、溶接は信頼性がない。そのためさらに、シール等を用いて、型内部のキャビティを高真空にして気泡の巻き込みによるブローボールを極めて少なくなるため、熱処理と溶接が可能となる。

装置:高真空装置 -90~-95KPa(90~95%真空)

■PF法 ・・・PF法では、型内部のキャビティ内の空気を酸素に置換し、アルミと反応させて超微細酸化物を形成する過程の真空状態を利用してブローボールを少なくする特殊ダイカスト法。熱処理が可能となる。

装置:酸素置換装置

■局部加圧法・・・引け巣とよばれる凝固不良を防ぐために、不良が出やすい部位の金型に、ピストンを設けて局部加圧し、引け巣を防ぐ特殊ダイカスト法。局部加圧法だけでは、全体のブローボールは少なくできないので、熱処理はできない。

治具:加圧ピストン装置

■アンダーカット法・・・ダイカストの型は2つ割のため、通常工程ではアンダーカットや中空形状はできないが、中子を用いて、アンダーカット形状の製品を作ることができる。

ダイカスト用中子は、引抜中子(外周細工用)、置き中子(内周細工用)、崩壊性中子(中空用)、の3種類がある。崩壊性中子はダイカストの高圧に耐えるように特殊コーティングを実施している。

サイズ

50㎜~1000㎜

構成

金型(雌)

材質

アルミニウム合金

工法

離型材塗布→ 型閉じ → 型締め →射出 →成形 → 冷却 →型開き →取り出し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする