樹脂成形部品とは

樹脂成形部品とは

樹脂は加熱すると溶ける熱可塑性樹脂と樹脂は加熱すると硬化する熱硬化性樹脂に大別される。

加工方法は、熱可性樹脂の場合はほとんどの成形法に対応可能だが、射出成形、ブロー成形、押し出し成形が多い。射出成形機は型締め力50トン~数千トンのサイズの成形機があり、小部品からダッシュボードのような大型部品まで対応できる。生産サイクルは冷却性で決まり、20~45秒サイクルと速くはない。そのため小部品は多数個取りの型を作成し出来高を上げ、24時間稼働とし月産5万ショット程度まで一型で対応する。ブロー成形は等速ジョイント部のCVJブーツなど金型にエアーを送り中空の製品を作る。

熱硬化性樹脂を材料とする場合は、工法は、熱プレス成形、注型、FRPオートクレーブ(高温高圧炉)、発泡成形に限定される。

熱硬化性樹脂ポリウレタンPUは、発泡剤、整泡剤、触媒、着色剤などを混合して樹脂化させながら連続気泡を形成する。発泡倍率が約60~10倍程度と非常に軽く、柔軟性と復元性があり、硬さは発泡倍率で調整できる。自動車座席用クッションなどに使用される

サイズ

5㎜~2000㎜

構成

金型、成形機、材料供給装置など

材質&工法

□熱可塑性樹脂   工法:射出成形

略称 材質名 特徴 製品例
ABS アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン 汎用材 ホイールキャップ等
PP ポリプロピレン 軽量材 バンパー等
PC ポリカーボネート 透明材 ヘッドライト等
POM ポリアセタール 摺動部材 ギア等
TPE エラストマー 疑似ゴム,ブロー成形 CVJブーツ等

□熱硬化性樹脂  工法:熱プレスなど 

略称 材質 製品例 工法
PU ポリウレタン シートクッション 発泡成形
EP エポキシ カーボンCFRPボデイ オートクレーブ、熱プレス
半導体 注型
PF フェノール  ブレーキパッド 熱プレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする