ブロー成形部品

ブロー成形部品

中空の製品を作るため中空成形とも言う。吸気ダクト、ステアリングブーツ、等速ジョイントブーツなどに使用される。

工法は、押し出しブロー成形、射出ブロー成形があるが、自動車では押し出しブロー成形が多い。押し出しブロー成形は溶融押出した容器状のパリソンが冷却しないうちに直接空気を吹き込む。パリソン(チューブ形状の素材)をふくらませて金型の内面に張りつかせ、冷却後成形品が固化した状態で金型を開く。ダイレクトブロー成形とも呼ばれる。

画像はNTN製等速ジョイントとジョイントブーツ。

サイズ

内径10㎜~500㎜

構成

押し出し成形機(ホッパー、押し出しスクリュー、ブロー成形ヘッド、ブローピン)、金型

材質

熱可塑性樹脂:エラストマーなど

工法

型締め→パイプ状に押し出し→圧縮エアー注入→金型押当→冷却固化→型開き→製品取り出し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする