熱間鍛造部品

熱間鍛造部品

1200℃前後の再結晶温度以上で行う塑性加工。熱間鍛造はローカーアームなどの小物部品から足回りなどの大型部品まで複雑形状の部品に適用される。型打ち鍛造と自由鍛造に区別される。型打ち鍛造は、プレス機やエアードロップハンマーを使用し、金型の中に熱した鋼材を入れて圧縮する。大量生産に適する。一方、自由鍛造は、型を使用せず、ハンマーで自由に形を決めるため、大型鍛造品や多品種少量品に適する。

鍛造品は製品の形状に沿ったメタルフローラインが形成される。また、熱間鍛造では、結晶温度以上に赤く高温加熱することで、内部組織をゆがみを矯正し新たな結晶とすることができる。そのため、粘りや靱性を高めることができる。

■型打ち鍛造

ローカーアームなどの小物部品から足回りなどの大型部品まで複雑形状の部品に適用される。金型の中に熱した鋼材を入れて圧縮する。大量生産に適する

サイズ:30㎜~500㎜

材質:炭素鋼、合金鋼、ステンレス合金

工法:棒材→切断→加熱→鍛造プレスまたはハンマー→トリミング(バリ切断)→熱処理

■自由鍛造

単純形状の部品に適用される。型を使用せず、ハンマーで自由に形を決めるため、大型鍛造品や多品種少量品に適する。

サイズ:200㎜~1000㎜

材質:炭素鋼、合金鋼、ステンレス合金

工法:棒材→切断→加熱→鍛造(ハンマー複数回)→熱処理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする