組み立て

組み立て

大別すると、ライン生産方式、セル生産方式、機能別生産方式となる。

ライン生産は大量生産に適している。ベルトコンベアの両側か片側に作業者を配置し、各作業者が担当する作業工程をできるだけ少なくすることで熟練を要しない単能工の集団で生産できることが最大のメリット。ベルトライン上で組み立てると取り置き時間の短縮となり最速のコンベアラインとなる。

セル生産は、多品種生産に適している。1人で製品の組み立て工程を完成検査まで行う。作業者一人が受け持つ工程が多く作業者は多能工が条件となる。日本では非正規社員化が急速に進み、教育や帰属意識が不十分となった。そのため教育に頼るセル生産方式は品質リスクが大きくなり、姿を消しつつある。

機能別生産はプレス、機械加工、溶接、組立などの機能別に部品を運搬してロット単位で生産する。

自動車の工場では各工程には赤黄青の3色灯または赤青の2色灯のアンドンが設置され、緑ランプは正常、赤はライン停止を表示している。異常がでたらラインを止め、サイレンで生産ライン管理者に知らせるなど、稼働率を落とさない仕組みがある。

画像はNTN製ハブベアリング。

サイズ

100㎜~1000㎜

構成

(ライン生産)単能工、ベルトコンベアまたは立ち作業手送り

(セル生産)多能工、一人屋台方式

(機能別生産)ロット生産方式

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする