ゴム部品とは

ゴム部品とは

大きな変形と復元特性が最大の特徴。他材料の追従を許さない。

非タイヤ製品のゴム材質は用途に応じて選定される。通常温度域150度CまではエチレンプロピレンEPDMの採用が多いが、鉱物油に適さない。そのため、鉱物油の場合には水素添加ニトリルHNBRが適用されることが多くなってきている。

自動車では、タイヤ、防振ゴム、シール部材、ホースなど要素部品として多用される。重量で5%、容積で20%がゴムで構成されている。

防振ゴムはその柔軟性により、車体やエンジン、 サスペンションなどの耐久性を高め、乗員の快適性を向上させている。

シール部材は運動用と固定用がある。運動用はアクチュエーター部品に多用され、トランスミッションのオイルシールなどの回転シール、ブレーキマスターシリンダーの往復シール、ブレーキブースターのダイアフラムなどに区分される。ゴム材質は対象媒体と使用環境に応じて選定される。

ゴムホースは部品間の相対変位の生じる部位に使用される。ブレーキホースなどは高圧のため補強層のある三重ホースなどが使用される

□材質別用途例

ゴム材質 エンジン シャシー 車体
本体 補機
NR マウント ブッシュ
IIR エアコン
BR タイヤ、トルクロッド
CR ホース外層 ワイパー
SBR プーリー タイヤ
NBR オイルシール マスタバッグ
HNBR ガスケット パワステ
EPDM ラジエータ,ホース外層 ブレーキ ウェザーストリップ
ACM オイル、ターボ、排ガス
シリコーン ウォッシャ
FKM 吸排気バルブ 燃料

サイズ

5㎜~2000㎜

構成

ラバーメタル部品:防振ゴムマウントなど

ゴム射出成形部品:シリコーンゴム製品など

ゴム押出成形部品:ウェザーストリップなど

材質

ゴム材質 使用温度 特徴・用途
天然ゴム NR ジエン系 -70~90度 強度防振性能良好、耐候性が劣る
合成ゴム ジエン系(硫黄加硫)
IR  合成天然ゴム -70~90度 強度防振性能良好、耐候性が劣る
SBRスチレンゴム -45~125度 タイヤ用ゴム、鉱物油不適
NBR ニトリルゴム -40~125度 耐鉱物油性良好、耐候性が劣る
HNBR 水添ニトリルゴム -25~150度 耐鉱物油性良好、耐候性、高温性改良材
合成ゴム 非ジエン系(架橋剤加硫)
EPDMエチレンプロピレン -40~150度 鉱物油不適、その他の性能は良好
ACM  アクリル -40~180度 高温用、耐鉱物油性
Si   シリコーン -60~225度 低温用
FKM フッ素ゴム -20~250度 高温用

ジエン系:ポリマー主鎖に二重結合をもち、化学的には反応性に富むため、硫黄で容易に加硫できる特徴がある。化学的な安定性を欠くために、耐候性・耐オゾン性・耐熱老化性に劣る。

非ジエン系:ポリマー主鎖に二重結合をもたない。化学的には反応性が弱いため、共通の特徴は酸化に対する抵抗性が高い。耐候性・耐老化性・耐オゾン性が良い。

工法

コンプレッション成形、トランスファー成形、射出成形、押出し成形

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする