樹脂押し出し成形部品

樹脂押し出し成形部品

同一断面の線状の製品を連続的に製造する。樹脂を電熱の加熱により溶融し、スクリューによって口金(ダイス)から押し出して、そのまま水中や空気中で冷却固化させ、規定の寸法にカットする。押出成形でできる製品の種類は多い。

□中空ホース、丸断面、異型断面

溶融樹脂をダイからパイプ状に押し出し、サイジングダイ(冷却等により外径や内径を規制する工程)で冷却固化して成形する。

□シート:ダイから押し出された樹脂をロールで冷却させながら成形する。

□電線被覆:

クロスヘッドダイの中心に通されているワイヤ等に溶融樹脂をコーティングする。

□フィルム・・・インフレーション法で溶融樹脂を環状ダイから円筒状に押し出し、この中に空気を吹込み膨らませてフィルムを成形し巻き取る。

サイズ

内径10㎜~100㎜

構成

押出機(ホッパー、押し出しスクリュー)、金型、冷却装置、引取装置、切断装置

材質

熱可塑性樹脂:PP、PE、ABS、PVC、PS、エラストマー樹脂など

工法

押出機(ホッパー、押し出しスクリュー)→口金→冷却→引取→切断

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする