金属成形加工一覧

ねじ転造加工部品

冷間回転鍛造(常温) 対向して駆動する円筒状のロールダイスに材料を挟んで、潤滑油をかけながら、材料を従動回転させて冷間塑性変形によりねじ山を盛り上げて成形する。金属の繊維を切断しないため、切削よりも強度が高い。 材料: ...

記事を読む

パーツフォーマー加工部品

冷間鍛造(常温)。 自動プレス機で、横型多段式鍛造機ともいう。 供給された線材などの素材を一定の寸法に切断して、通常、最大で4工程の鍛造型で少しづつ成形する。材料の無駄が少なく、サイクルタイムが早い。 パーツフォーマーは、表面...

記事を読む

ヘッダー加工部品

冷間鍛造(常温)。ヘッダー加工は、「頭を打つ」という意味で、リベットやボルトの頭を形成する。線材に圧力を加え、六角頭など体積分のコイル材を突き出し成形する。 叩くことで結晶を微細化し強度を高める。鋳造のような脆さがなく強度と靭性があ...

記事を読む

アルミ高圧鋳造部品(金型)

スクイーズキャスティング法や溶湯鍛造法などの呼び名があるダイカストの一種。金型へ低速・高圧で溶湯を充填し、その後凝固完了まで高圧力で保持する。気密性が必要なシリンダー部品など高品質な製品を得るため開発された。長所は空気の巻き込みを防ぎエア...

記事を読む

アルミ低圧鋳造部品(金型)

金型を用い、溶湯表面を加圧することにより、給湯管を通じて溶湯を上向きに押し上げ鋳型内へ下側から注湯する。シリンダーヘッドやアルミホイールなどの強度が必要な自動車部品に用いられる。長所は欠陥の少ない寸法精度が良い高品質な鋳物となるが、短所は...

記事を読む

アルミ傾斜鋳造部品(金型)

金型に溶融金属を流し込み成型する重力鋳造法。鋳肌面品質や精度が求められる部品で使用する。自動鋳造機には定置式鋳造機と傾斜式鋳造機がある。近年は、品質向上のために、金型を傾斜させながら溶融金属を注湯する傾斜式鋳造法が主流になっている。定置式...

記事を読む

アルミ重力鋳造部品

砂で製作した型に溶融金属を流し込み成型する重力鋳造法。グラビティーとも呼ばれる。 小ロットから大量生産まで対応できるが、砂型は製品の数と同じだけ必要になる。 長所は鋳造中の圧力が低く砂中子が使用できるため、中空やアンダーカッ...

記事を読む

アルミ鋳造部品とは

材料を溶かして型に入れ固める工法。アルミニウム合金材を使用する。 工法は鋼材に比べて多くの工法がある。鋼材と同じ重力鋳造法(グラビティー)、ロストワックス鋳造法のほかに、素材強度を高める低圧鋳造、高圧鋳造がある。 生産性を高め...

記事を読む

シェルモールド鋳造部品

精密鋳物(美肌)には、ロストワックス法に加えてシェルモールド法がある。 シェルモールド法はフェノール樹脂を添加した砂(RCS:レジンコーテッドサンド)製の薄い殻状の鋳型(雌型)を使用する鋳造法。シェル鋳型だけでは溶湯圧に耐えられない...

記事を読む

レーザー溶接

自己溶融法で溶加材不使用。主に精密シーム接合に用いられる。レーザー溶接は、レーザー熱で材料がいったん溶融しその後に凝固すると接合される。板厚は選ばないが溶接したい部位の精度が要求される。レーザー溶接は溶接面が圧入など密着していないとうまく...

記事を読む

摩擦圧接

自己溶融法で溶加材不使用。接合する2本の金属棒を高速回転し擦り合わせることで 摩擦熱によって母材が軟化すると同時に圧力を加えて接合し、摩擦圧接部は高い強度が得られる。銅とアルミ、アルミとステンレスの接合といった溶接では難しい異種金属の接合...

記事を読む

スポット溶接

電気抵抗溶接の一種。自己溶融法で溶加材不使用。主に薄板どうしの接合に用いられる。スポット溶接は、銅電極で重ねた金属材料を挟み込み、加圧状態のまま数千~数万Aの大電流を短時間流すことにより、抵抗発熱で材料がいったん溶融しその後に凝固すると接...

記事を読む

アーク溶接

空気中のアーク放電を利用する溶加材を使用する溶接法。 自動溶接の場合 、CO2溶接、MAG溶接、MIG溶接 では消極電極ワイヤー、TIG溶接はタングステンの非消極電極を使用する。 手溶接のアーク溶接の場合は 消極電極 の溶接棒...

記事を読む

チルド鋳鉄部品

表面のみ高硬度化したFC片状黒鉛鋳鉄。表層に冷やし金を接して鋳鉄溶湯を凝固急冷させて作る。 硬いセメンタイト(鉄と炭素との化合物Fe3C)を多く析出させ る白銑化(チル化)を行い高硬度化する。 自動車用鋳物部品では、カムシャフ...

記事を読む

ロストワックス鋳造部品

ロストワックス(LOST WAX) 。 ワックス(ロウ)で出来た雄型をセラミックで覆って焼き固める。加熱すると、模型の蝋は溶けて流出するので、流出後の空間を鋳型(雌型)とする鋳造法。 複雑な形状を高い寸法精度、高強度で作ること...

記事を読む

重力鋳造部品

紀元前から行われている鋳造法で、砂で製作した型に溶融金属を流し込み成型する。長所は鋳造中の圧力が低く、砂中子が使用できるため、中空など複雑な形状に対応できる。 構成 ねずみ鋳鉄FC、ダクタイル鋳鉄FCD、鋳鋼(炭素鋼、合金鋼)...

記事を読む

冷間鍛造部品とは

常温で成形する塑性加工法。平板用プレス機よりも堅牢な鍛造用プレス機を使用する。ボルトなど簡単な形状の小物部品に適用される。寸法精度が高く、場合によっては後工程の機械加工を省略できる。 サイズ:10㎜~100㎜ 材質:炭素鋼、合...

記事を読む

ハンマー鍛造部品

ハンマー鍛造は、エアードロップハンマーを使用し、加熱した鋼材を、金型の上におき、加速させたハンマーを衝撃的にぶつけることで鍛造を行う方法。音圧は100dBを超える大きさで、耳栓をして加工する。 ハンマー鍛造は、さらに、型打ち鍛造と自...

記事を読む

プレス鍛造部品

プレス鍛造は製品の形を掘りこんだ上下1組の金型の中に熱した鋼材を投入し、フォージングプレスで静かに圧縮する加工方法。ハンマー鍛造よりも、大量生産に向いている。 油圧プレス、機械プレスに大別される。 油圧プレスは高出力のため、大...

記事を読む

熱間鍛造部品とは

1200℃前後の再結晶温度以上で行う塑性加工。熱間鍛造はローカーアームなどの小物部品から足回りなどの大型部品まで複雑形状の部品に適用される。熱間鍛造品は製品の形状に沿ったメタルフローラインが形成され、内部組織のゆがみは矯正され、新たな結晶...

記事を読む