金属成形加工一覧

プレス用鋼板材料

熱間圧延鋼板SPHCは1.6㎜~9㎜の厚板、冷間圧延鋼板SPCCは0.8㎜~3.2㎜の薄板が流通している。 SPHCは高温での圧延加工によって、組織は均質な安定した組織になる。加工しやすく量産に適しているが、欠点は酸化膜が生じ、黒錆...

記事を読む

鋳鉄材質

よく使用される材質 材質 ねずみ鋳鉄 片状黒鉛鋳鉄 ダクタイル鋳鉄 球状黒鉛鋳鉄 鋳鋼 FC250 FCD450-10 S45C 成分 C3....

記事を読む

マグネシウムダイカスト材質

マグネシウムダイカストの自動車部品への展開は少ない。これは、エンジン部品へは耐熱性不足で展開が難しく、また、単なる軽量化のための部品は、樹脂の繊維強化技術の進展でマグネシウム合金の採用も劣勢になっていることに起因している。用途としては、高...

記事を読む

マグネシウムダイカスト部品とは

金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよい。 マグネシウム合金の場合はアルミニウム合金より高温高圧で成形するため射出ノズルなどが特殊になる。 サイ...

記事を読む

アルミダイカスト用材質

■アルミダイカスト材質 ダイカスト用のアルミ合金は、通常のアルミ合金鋳物に比べて、鉄、亜鉛、マグネシウムなどの不純物が多く許容されている。ダイカスト後の強度は高く靭性があるが、普通ダイカストは鋳巣があり耐圧品には向かない。 よ...

記事を読む

アルミダイカスト部品とは

普通アルミダイカスト部品 金型を使用し溶湯を高圧で鋳型に射出する鋳造法。主に大量生産の薄肉品で使用する。鋳肌がきれいで、砂型鋳造に比べると精度がよいが、気泡の巻き込みがあるために普通ダイカスト品は熱処理や溶接ができない。また油圧部品...

記事を読む

アルミ鋳造材質

よく使用される材質 材質 AC2B AC4B AC4C AC4D AC8A AC8B AC8C AC9A AC9B 添加材最大配合量 Cu4% Si7...

記事を読む

アルミニウム合金材料

アルミニウムの特長は 軽量(比重2.7 鉄の1/3)高強度(重さあたりの強度が高く鉄の3倍。熱処理で強度が増す)電気伝導性(銅の約6割だが、銅の約1/2の重量で電線ができる)熱伝導性(230W/m·Kで鉄の2.7倍、放熱材やエンジン...

記事を読む

アルミ機械加工とは

アルミ旋削加工は鋼材旋削加工に比べて加工速度を上げることができる。場合によっては表面処理も不要となり、軽量で材料費があまり掛からない小物ピストンなどでは鋼材よりも安価になることが多い。アルミ用のドリルは鋼材用より滑らかな表面粗さ必要で、D...

記事を読む

TIG溶接

Tungsten Inert Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには不活性ガスであるアルゴンガス100%を使用する。溶加材はワイヤーを使用するが、電極としては使用せず、別にタングステン製の電極を非消極電極...

記事を読む

MIG溶接

Metal Inert Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには不活性ガスであるアルゴンガスガス100%を使用し、溶加材ワイヤーを消極電極として使用する。 ワイヤーは自動供給され、溶接速度が速くも深い...

記事を読む

MAG溶接

Metal Active Gas weldingの略。空気中のアーク放電を利用し、シールドガスには炭酸ガス20 %+アルゴン80%を使用し、溶加材はワイヤーを使用し、消極電極として使用する。 ワイヤーは自動供給される。 サイズ...

記事を読む

■CO2溶接

炭酸ガスアーク溶接とも呼ばれる。空気中のアーク放電を利用し、溶融金属が酸化するのを防止するシールドガスには炭酸ガスを使用する。溶加材はワイヤーを使用し、消極電極として使用する。ワイヤーは自動供給される。 炭酸ガスアーク溶接は炭酸ガス...

記事を読む

アーク溶接とは

空気中のアーク放電を利用する溶加材を使用する溶接法。 自動溶接の場合 、CO2溶接、MAG溶接、MIG溶接 では消極電極ワイヤー、TIG溶接はタングステンの非消極電極を使用する。 手溶接のアーク溶接の場合は 消極電極 の溶接棒...

記事を読む

スピニング加工部品(へら絞り加工)

冷間回転鍛造(常温)。 板状や管状の金属材料を駆動回転させ、型の形状に沿って、へらと呼ばれる押し棒で加圧し局部的な塑性変形を徐々に繰返し与えて全体の製品形状を創成していく加工法。試作など少量生産用。 材料: 板状や管状の...

記事を読む

スウェージング加工部品

冷間回転鍛造(常温)。 ダイスと呼ばれる分割された工具を回転させ、丸棒やパイプ材を叩きながら外径を絞ってゆく加工。金属を削らずに叩き伸ばすので、材料が少量ですむため材料費を削減することができる。 材料: 丸棒材、パイプ材...

記事を読む

ローレット加工部品

冷間回転鍛造(常温) ローレット加工は金属に施す細かい凹凸状の加工。 材料を駆動回転させ、従動回転可能なダイスを加圧し成形する。 施したい凹凸と同じ模様の工具をワークに押し付け、工具の形状を転写する。 綾目模様の場...

記事を読む

ねじ転造加工部品

冷間回転鍛造(常温) 対向して駆動する円筒状のロールダイスに材料を挟んで、潤滑油をかけながら、材料を従動回転させて冷間塑性変形によりねじ山を盛り上げて成形する。金属の繊維を切断しないため、切削よりも強度が高い。 材料: ...

記事を読む

パーツフォーマー加工部品

冷間鍛造(常温)。 自動プレス機で、横型多段式鍛造機ともいう。 供給された線材などの素材を一定の寸法に切断して、通常、最大で4工程の鍛造型で少しづつ成形する。材料の無駄が少なく、サイクルタイムが早い。 パーツフォーマーは、表面...

記事を読む

ヘッダー加工部品

冷間鍛造(常温)。ヘッダー加工は、「頭を打つ」という意味で、リベットやボルトの頭を形成する。線材に圧力を加え、六角頭など体積分のコイル材を突き出し成形する。 叩くことで結晶を微細化し強度を高める。鋳造のような脆さがなく強度と靭性があ...

記事を読む