ニッケル水素電池集電体

ニッケル水素電池セルケース

端子に集電するために用いられる金属部品。

サイズ

10~100㎜

構成

正極:外装缶、封口体(封口板、ガス排出弁)

負極:負極端子、集電体、絶縁スペーサー

材質

冷間圧延鋼板

工法

プレス→組立

ニッケル水素電池電解液(質)

ニッケル水素電池は、電極、セパレーター、電解液から構成され、電解液は水酸化カリウムKOHを主体とするアルカリ性水溶液で、正極と負極の間のイオン移動を担う役割をしている。

水酸化カリウムKOH電解液は、非常に強いアルカリ性で、目に入ると失明の危険性が有り、人体に触れると薬傷事故になる。そのため、発火事故を防ぐため、各モジュールに電池監視装置を取り付け、逆充電・過充電・過放電・を防いでいる。

メンテナンス時や廃棄の取り扱いには液もれした液には直接触れないよう注意喚起が行われている。

材質

水酸化カリウムKOH

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする