各種加工一覧

コイリングマシーン加工

線ばね用の冷間成形ハイサイクルマシーン。線ばねは圧縮コイルばね、引張りコイルばね、ねじりコイルばね、線細工ばねなど コイルばねをハンドメイドで作成する場合は旋盤に装着した心棒に線材を巻きつけて制作するが、コイリングマシンでは専用金型を使用...

記事を読む

フロードリルスクリュー(FDS)

フロードリルスクリュー(FDS:Flow Drilling Screw)は 一方向からのアクセスが可能な部位の異種金属接合用スクリュウー。先端が尖ったテーパーねじ。下穴不要。 穴をあける、もしくは、ナットを付ける等の前工程を実施することなく...

記事を読む

ブラインドリベット

一方向からのアクセスが可能な部位の金属接合用リベット。下穴を共あけして使用する。 ブラインドリベットはフランジのある中空リベットと、中空リベットに刺さる、先端ヘッド付きシャフトから構成されている。2枚重ねの板にブラインリベットを挿入後、シャ...

記事を読む

セルフピアシングリベット(SPR)

セルフピアシングリベット(SPR:Self Piercing Riveting)は 両側アクセスの金属接合用リベット。下穴は不要。鋼板/アルミニウムの接合では,接合装置が両サイドからアクセスできる構造にはセルフピアッシングリベット(SPR)...

記事を読む

レーザースクリューウェルディング(LSW)

レーザースクリューウェルディング(LSW:Laser Screw Welding)は アルミ接合用のスポット溶接代替工法。レーザーを使用したスポット溶接と比較して溶接打点のピッチを短くできる溶接技術でボディ剛性を高めることができる。 レーザ...

記事を読む

摩擦撹拌接合(FSW)

摩擦攪拌接合(FSW: Friction Stir Welding)は、近年、EVなどでアルミ合金の接合で使用される接合方法。回転ツールと呼ばれる円柱状工具を回転させながら摩擦熱を発生させ、回転ツールを移動させて接合する。軟化した材料は回転...

記事を読む

アルミ材接合とは

ボデイの軽量化などでは、アルミ同士の接合のほか、アルミと鋼材、アルミとカーボン、また、EVの関係では、アルミと銅など異材との接合が必要になる。そのため、溶接のほかに、各種の接合法が開発されている。 各種の接合法: <ブロック材>...

記事を読む

アルミ材接合

ボデイの軽量化などでは、アルミ同士の接合のほか、アルミと鋼材、アルミとカーボン、また、EVの関係では、アルミと銅など異材との接合が必要になる。そのため、溶接のほかに、各種の接合法が開発されている。 溶接以外の各種の接合法: ブロック材 ・...

記事を読む

レーザー乾燥

高出力レーザーによりインクの吸収を行う。レーザー光線はインクの層を乾燥させプリントされた素地からより迅速に取除かれる。使用するレーザー光線は近赤外(NIR)、900~1070 nmの波長で行う。2桁のキロワットのレーザー装置で問題なく性能を...

記事を読む

レーザーピーニング(LP)

レーザーピーニング(LP:Laser Pinning):レーザーパルスを金属表面に照射する(叩く)ことで金属の疲労強度の向上、応力腐食割れを防止する予防保全技術。もともとは原子炉の疲労寿命向上対策で開発された。 決められた手順でレーザーパル...

記事を読む

レーザーエッジング

レーザーエッジングは、レーザー光を使用し対象物へ表面加工を行う。規則性高い加工ができることが特徴。加飾加工のほか、接合部材の下地処理や、摺動部材に適用できる。 摺動部材などでは、成り行きではなく、設計者の意向に沿って、油溜まりなどを形成する...

記事を読む

レーザークラッディング(肉盛り)

レーザーを熱源として、粉末やワイヤーを溶融させ、基材表面に同種または、異種材を肉盛り、被膜する技術。粉末供給ノズルを通してアルゴンガスと共に肉盛り粉末を供給し、そこにレーザーを照射することで、粉末及び基材を溶融させながら、レーザー光を移動さ...

記事を読む

レーザーブレージング(ろう付け)

レーザーの高出力化により、自動車のボデイ溶接のような、すきまのあるラフな接合面に対しても接合できるようレーザーブレージング(ろう付け)技術が開発されている。 レーザーブレージングは、母材間にワイヤー状のろう材を供給しながら、レーザーでフラ...

記事を読む

レーザー溶断

近年、高精度レーザーを用いた大型の高速溶断機が上市している。レーザー溶断機は秒速1m(60m/min)と加工スピードが速く、そりも少なく、きれいに切れる。また位置決め精度は±0.03㎜とプレス加工以上の超高精度で、最大加工エリアは3000㎜...

記事を読む

レーザー加工とは

自動車産業でもレーザーの活用が増えてきた。ファイバーレーザー、ダイレクト半導体レーザーなど断片的な用語が氾濫し難解だが、以下のような構成となっている。 ■レーザー種類 ・ファイバーレーザー:励起光源に半導体を使用しYb添加ファイバーを媒体...

記事を読む

レーザー加工

自動車産業でもレーザーの活用が増えてきた。ファイバーレーザー、ダイレクト半導体レーザーなど断片的な用語が氾濫し難解だが、以下のような構成となっている。 俗称 励起光源 レーザ媒体 (増幅器) 伝送 波長 ファイバーレーザー 半導体 Yb添加...

記事を読む

マルチフォーミング加工

薄板ばね用のハイサイクルマシーン。マルチフォーミング加工は、マルチフォーミングマシンを用いて、プレス加工や複数回の曲げ加工を自動的かつ連続的に実行する加工法 プレス工程で打ち抜き加工、フォーミング工程で曲げ加工を連続して行う。順送プレスとは...

記事を読む

精密ばね材料

自動車用途では、線ばねではブレーキ用途などでピアノ線SWPB、エンジンバルブスプリングにシリコンクロム鋼オイルテンパー線SWOSCなどが使用される 薄板ばねでは工具鋼SK85(旧SK5)、ステンレス鋼帯SUS304CSPなど、厚板ばねはリー...

記事を読む

精密ばね加工とは

コイリングマシン、マルチフォーミングマシンなど専用の自動機により加工が行われる。 コイリングマシンは線材ばね、マルチフォーミングマシンは薄板ばねの加工に適用される。マルチフォーミングマシンのなかで線材加工に特化したものは「ワイヤーフォーミン...

記事を読む

精密ばね加工

記事を読む