鍛造部品一覧

スピニング加工部品(へら絞り加工)

冷間回転鍛造(常温)。 板状や管状の金属材料を駆動回転させ、型の形状に沿って、へらと呼ばれる押し棒で加圧し局部的な塑性変形を徐々に繰返し与えて全体の製品形状を創成していく加工法。試作など少量生産用。 材料: 板状や管状の...

記事を読む

スウェージング加工部品

冷間回転鍛造(常温)。 ダイスと呼ばれる分割された工具を回転させ、丸棒やパイプ材を叩きながら外径を絞ってゆく加工。金属を削らずに叩き伸ばすので、材料が少量ですむため材料費を削減することができる。 材料: 丸棒材、パイプ材...

記事を読む

ローレット加工部品

冷間回転鍛造(常温) ローレット加工は金属に施す細かい凹凸状の加工。 材料を駆動回転させ、従動回転可能なダイスを加圧し成形する。 施したい凹凸と同じ模様の工具をワークに押し付け、工具の形状を転写する。 綾目模様の場...

記事を読む

ねじ転造加工部品

冷間回転鍛造(常温) 対向して駆動する円筒状のロールダイスに材料を挟んで、潤滑油をかけながら、材料を従動回転させて冷間塑性変形によりねじ山を盛り上げて成形する。金属の繊維を切断しないため、切削よりも強度が高い。 材料: ...

記事を読む

パーツフォーマー加工部品

冷間鍛造(常温)。 自動プレス機で、横型多段式鍛造機ともいう。 供給された線材などの素材を一定の寸法に切断して、通常、最大で4工程の鍛造型で少しづつ成形する。材料の無駄が少なく、サイクルタイムが早い。 パーツフォーマーは、表面...

記事を読む

ヘッダー加工部品

冷間鍛造(常温)。ヘッダー加工は、「頭を打つ」という意味で、リベットやボルトの頭を形成する。線材に圧力を加え、六角頭など体積分のコイル材を突き出し成形する。 叩くことで結晶を微細化し強度を高める。鋳造のような脆さがなく強度と靭性があ...

記事を読む

鍛造部品とは

塑性加工法の一種。叩くことで結晶を微細化し強度を高める。鋳造のような脆さがなく強度と靭性がある。冷間鍛造は、表面の仕上がりが綺麗で寸法精度が高いが、常温では材料が硬く成形には大きな力を要する。そのため、ボルトなど簡単な形状の小物部品に適用...

記事を読む

冷間鍛造部品とは

常温で成形する塑性加工法。平板用プレス機よりも堅牢な鍛造用プレス機を使用する。ボルトなど簡単な形状の小物部品に適用される。寸法精度が高く、場合によっては後工程の機械加工を省略できる。 サイズ:10㎜~100㎜ 材質:炭素鋼、合...

記事を読む

ハンマー鍛造部品

ハンマー鍛造は、エアードロップハンマーを使用し、加熱した鋼材を、金型の上におき、加速させたハンマーを衝撃的にぶつけることで鍛造を行う方法。音圧は100dBを超える大きさで、耳栓をして加工する。 ハンマー鍛造は、さらに、型打ち鍛造と自...

記事を読む

プレス鍛造部品

プレス鍛造は製品の形を掘りこんだ上下1組の金型の中に熱した鋼材を投入し、フォージングプレスで静かに圧縮する加工方法。ハンマー鍛造よりも、大量生産に向いている。 油圧プレス、機械プレスに大別される。 油圧プレスは高出力のため、大...

記事を読む

熱間鍛造部品とは

1200℃前後の再結晶温度以上で行う塑性加工。熱間鍛造はローカーアームなどの小物部品から足回りなどの大型部品まで複雑形状の部品に適用される。熱間鍛造品は製品の形状に沿ったメタルフローラインが形成され、内部組織のゆがみは矯正され、新たな結晶...

記事を読む

鍛造部品

塑性加工法の一種。叩くことで結晶を微細化し強度を高める。鋳造のような脆さがなく強度と靭性がある。 冷間鍛造は、表面の仕上がりが綺麗で寸法精度が高いが、常温では材料が硬く成形には大きな力を要する。そのため、ボルトなど簡単な形状の小物部...

記事を読む

温間鍛造部品

温間鍛造部品 熱間鍛造より低温な300~800℃で行う塑性加工。 金型の中に熱した鋼材を入れて圧縮する。冷間鍛造では困難な難加工材も変形抵抗が低くなり成形できる。また熱間鍛造では得られない高精度鍛造品を得ることができる。ミッションのリバース...

記事を読む

熱間鍛造部品

熱間鍛造部品 1200℃前後の再結晶温度以上で行う塑性加工。熱間鍛造はローカーアームなどの小物部品から足回りなどの大型部品まで複雑形状の部品に適用される。熱間鍛造品は製品の形状に沿ったメタルフローラインが形成され、内部組織のゆがみは矯正され...

記事を読む

冷間鍛造部品

冷間鍛造部品 常温で成形する塑性加工法。冷間鍛造は寸法精度が高く、ボルトなど簡単な形状の小物部品に適用される。 サイズ 10㎜~100㎜ 材質 炭素鋼、合金鋼、ステンレス合金、アルミニウム合金、銅合金など 工法 (プレス鍛造) 棒材→切断→...

記事を読む