焼結部品

■焼結部品

複数の金属を微細な粉末の状態で圧縮成形(3~8t/cm2)し、溶融点以下の高温(1150~1300℃)に保持し焼結して焼き固める。材料強度は弱いが、寸法精度が高く大量生産が効くことから、機械加工できないような複雑形状を形成するのに有効な工法。含油ブッシュベアリングやフィルターなど積極的に気孔を使用する使い方もある。

画像は多摩冶金工業製焼結合金各種。

サイズ

10㎜~100㎜

材質

銅系焼結合金、鉄系焼結合金など

工法

混合→冷間プレス成形→焼成(高温炉)→熱処理

■MIM(Metal Injection Molding)

粉末冶金技術とプラスチック射出成形技術との複合技術。金属粉末を使用する。バインダーに樹脂を使用するのでプラスチック射出成形と同様な成形ができる。一部の3Dプリンターにも使用される。ダイカストやチクソーモールディングなどの溶融金属の射出成形とは異なる。長所は多種材料で形状自由度が高く熱処理も可能。一般公差は±0.5%とロストワックスより高精度、96%以上の高密度で溶製材に近い高強度、Ra1.5〜2の平滑面。一方短所はMIM法で使用する金属粉末は微粉末で高価なため、30gを超えるとロストワックス工法のほうが安価となる。

サイズ

1㎜~30㎜

構成

MIM用金属微粉末、バインダー(プラスチック+ワックス)、射出成形機、金型

材質

材質:SNCM415、SKD11、SKH51、SUS316L、SUS420J2、SUS440C、SUS630、Ti合金など。

工法

混錬→ペレット化→射出成形→脱脂→焼成(高温炉)→熱処理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする